【パラジウム】(10族 元素記号:Pd)     [周期表へもどる]
 
<自 然界での産出>
 白金族元素と呼ばれている元素にはルテニウム(Ru),ロジウム(Rh),パラジウム(Pd),オスミウム(Os),イリジウム(Ir),白金(Pt) が あり,これらは稀少な金属で,産出状態も似ている。いずれも層状貫入岩体のはんれい岩などに,トン当たり3g程度で含まれるものが鉱石(白金族鉱石)とし て重要。ニッケルクロムなどを伴い,それらとともに採掘さ れる場合が多い。 パラジウムを主成分とする鉱物はビソトスカイト(PdS),コツルスカイト(PdTe)などがあり,他の白金族元素の鉱物中に少量成分として含まれてい る ことも多い。白金族元素の鉱物は顕微鏡的な大きさで鉱石に含まれている。 
 主要な産出国は南 アフリカやロシアなどで,世界的に見ると鉱床の分布が著しく偏在している。
<用途>
 化学合成の触媒や,銀と合金にして虫歯の詰め物として用いられている。また,車の排気ガス浄化用の触媒として重要。
 
白金族鉱石
白 金族鉱石

10億年以上前に地下深部でできたはんれい岩(層状貫入岩体)で,磁硫鉄鉱,黄銅鉱,ニッケルを含んだ黄鉄鉱,ペントランド鉱と共生して0.01mm程の 白金族元素の鉱物が含まれている。主要な産出国は南 アフリカなど。 トン当たりの白金族元素の含有率は3g程度
・アメリカ モンタナ州 スティルウォーター産