住みやすく、学びやすく、働きやすく、
いきいきと輝いていけるまちづくり。

今、日本の地方自治体は大きな変化の時代を迎えています。政府主導による画一的な地方行政から脱却し、もっと地方自治体に権限を移して、より自由度を高め、各自治体が自分たちの考えで地方行政、住民サービスを行えるような体制へと変化しています。良くも悪くも、これまでの「国におんぶに抱っこ状態」から、地方自治体の自己責任のもとでの自立と個性の発揮が求められる時代へ…。それはすなわち、地方行政にも、一般の会社と同じように経営感覚が求められるということであり、市民の皆様の考えや行政の施策次第で、住みよい都市とそうでない都市の差が出てくる「都市間競争」の時代になるということです。

私たち倉敷市では、そこに住む市民の皆様の満足度の向上を第一に考えています。 市民の皆様の声を聴き、市民の皆様とともに、市民の皆様に満足していただけるような施策やサービスを行うことによって、住みやすく、学びやすく、働きやすく、そして何よりも、いきいきと輝いて生きていけるまちづくりを強力に進めていきたいと考えています。

求める人材

使命感を持ち、向上心の強い人 協調性のある温かい人 環境の変化に適応でき、意欲のある人

めざす職員像

市民の視点で考え、行政のプロフェッショナルとしての自覚を持って行動する職員

何事も市民の視点で考えて、高い倫理観と責任感、情熱と誇りを持って仕事に取り組む
自身も地域社会の一員であることを自覚し、率先して市民公益活動(ボランティア活動等)に参加する

前例にとらわれず積極的に業務を改善する職員

業務に問題意識を持ち、最小の経費で最大の効果を上げるよう投資対効果を考えて改善する
前例にとらわれず時代の変化に対応し、新たな課題や困難な課題に挑戦する

目標達成に向けてあきらめずに職務を遂行する職員

長期的な視点を持ち、リスクを想定し、明確な目標を設定して職務を遂行し、
たとえ困難な状況にあっても目標達成に向けてあきらめることなく粘り強く取り組む

知識・技能の向上や情報収集に努め、業務に活用する職員

日頃から社会の動向に目を向け、業務に必要な知識・技能を修得し、自ら情報収集に努め、業務に活用する

現場と対話を重視して誠実・公正に対応する職員

現場主義を基本に現場の実情を把握し、市民はもとよりすべての人との対話を重視して誠実・公正に対応する
わかりやすい情報提供、説明を積極的に行う

何事も協力しながら、チームとして業務を遂行する職員

関係部署との情報の共有化を図り、担当部署のみの「部分最適」ではなく、倉敷市の「全体最適」を考えて行動する
市役所チームとしてチームワークを尊重し、一人ひとりが市役所を代表する気持ちで行動する