〜 期間限定展示 〜



特別展・企画展など
今だけの展示を楽しもう!
 3階特別展示室や,そのほかの施設にて,期間限定で展示しているものをご紹介します。
 今だけの展示やイベントを,ぜひお見逃しなく!!

特別展ページ] 毎年楽しいテーマの展示をしています。
[催し物ページ] 参加できる関連イベントなどもチェック★

 



2020年3月7日(土)〜4月5日(日)

◎特別陳列「新着資料展2020<総合>」

 当館には現在,94万点を超える標本資料が収蔵され,展示や調査研究などに活用されています。最近収集,登録された地学,植物,動物分野の新着資料を展示公開します。
◆会期:2020年3月7日(土)〜4月5日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆展示内容:ブッポウソウ本剥製,ミヤマホオジロ本剥製,ブラジルの電気石・紫水晶,中国の水銀鉱石(辰砂),福井県の球状花こう岩,小畠裕子植物コレクションの一部,岡山県新産・希産植物標本,友の会グループ調査標本など



 
2020年1月5日(日)〜2月23日(日)

◎特別陳列「草地功地学標本コレクション展 その2」

 岡山大学名誉教授草地功博士が長年にわたり収集された地学標本コレクション358点が,2015年1月に当館へ寄贈されました。それらのうち,今回は,海外の鉱物と岡山県以外の日本産の鉱物,計約200点を展示します。ボリビアの金・アンチモン・鉛・スズなどの鉱物,新潟県糸魚川市のひすいなどが見事です。
◆会期:2020年1月5日(日)〜2月23日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金



 
7月26日(金)〜2020年3月31日(火)

◎特別陳列「畠田和一貝類コレクション展1 
畠田和一が発見した新種・新亜種」

 畠田和一はハタケダマイマイやオカヤマコギセルなどの発見者として知られている岡山では数少ない「貝人」です。 第1回は畠田和一貝類コレクションの中から畠田和一が発見した新種・新亜種を紹介します。
◆会期:2019年7月26日(金)〜2020年3月31日(火)
◆会場:自然史博物館2階事務室前
◆料金:通常料金

畠田和一貝類コレクション展

 
11月9日(日)〜12月18日(日)

◎第27回しぜんしくらしき賞作品展

 倉敷市立自然史博物館友の会が高校生以下の子どもたちを対象として募集した自然に関する標本や写真を一堂に展示します。未来をになう子どもたちの力作をご覧ください。
◆会期:2019年11月9日(土)〜12月18日(水)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆備考:友の会との共催事業です。



第4展示室「植物の世界」 ミニ展示コーナーでも,期間限定展示を展開中!
  詳しくはトップページお知らせをご覧ください。



 通常観覧料金やアクセス等について,詳しくは[ご利用案内]をご確認ください。

倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp



[戻る] [博物館のホームページ] [展示室ページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.