〜 期間限定展示 〜



特別展・企画展など
今だけの展示を楽しもう!
 3階特別展示室やそのほか館内,博物館外の施設などにて,
期間限定で展示しているものをご紹介します。
 今だけの展示やイベントを,ぜひお見逃しなく!!

特別展ページ] 毎年楽しいテーマの展示をしています。
[催し物ページ] 参加できる関連イベントなどもチェック★

 



10月3日(土)〜10月25日(日)
◎特別陳列「野鳥の色鉛筆画と剥製のコラボ展」


 
自然と芸術の共演――。
創立10周年を迎えた岡山動物画の会(講師 越山洋三氏)によって精緻(せいち)に描かれた野鳥の色鉛筆画と当館が収蔵する野鳥の剥製をあわせて展示します。
◆会期:2020年10月3日(土)〜10月25日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆展示内容:カワセミ・アカショウビン・オオルリ・キビタキ・ブッポウソウ・メジロ・コゲラ・クマタカ・フクロウなど約50種類


▲カワセミの色鉛筆画(越山洋三)


10月10日(土)〜2021年3月28日(日)
◎特別陳列「畠田和一貝類コレクション展3
畠田和一が採集していた絶滅種2」


 
畠田和一(1897-1965)はハタケダマイマイやオカヤマコギセルなどの発見者として知られている岡山では数少ない「貝人」です。今回はコレクションの中から畠田和一が採集していた絶滅種の第2回としてヤツシロガイやナガニシ,アオサギなど,内湾の潮下帯(水深約5〜30 m)の砂泥底にすむ種を紹介します。これらは標本の存在によって,その種が岡山県にかつて分布していたことが明らかになると同時に,すでに絶滅していたことが明らかになったものです。
◆会期:2020年 10月10日(土)〜2021年3月28日(日)
◆会場:自然史博物館2階事務室前
◆料金:通常料金


☆畠田和一貝類コレクション展1〜2の標本写真と解説文が、下記タイトルをクリックするとご覧になれます。

特別陳列「畠田和一貝類コレクション展1 畠田和一が発見した新種・新亜種」はこちら


◎特別陳列「畠田和一貝類コレクション展2 畠田和一が採集していた絶滅種1」はこちら


▲ヤツシロガイ


11月1日(日)〜11月7日(土)
◎特別陳列「みんなの動物ラボ」


 
友の会脊椎動物グループで作製・修復した毛皮や骨等の標本,新しく受け入れた脊椎動物標本を展示します。味わい深い,手作りかつ手探りな標本の世界にようこそ。
「ホネホネちょびっと in HOKKAIDO 2020」(6月13日〜7月12日札幌円山動物園にて開催)参加団体のポスター展示もあります。
◆会期:2020年 11月1日(日)〜11月7日(土)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金


▲昨年の「みんなの動物ラボ」
展示の様子


11月1日(日)〜11月7日(土)
◎第28回しぜんしくらしき賞作品展


 
倉敷市立自然史博物館友の会が高校生以下の子どもたちを対象として募集した自然に関する標本や写真を一堂に展示します。未来をになう子どもたちの力作をご覧ください。
◆会期:2020年 11月14日(土)〜2021年1月6日(水)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆共催:
倉敷市立自然史博物館友の会


▲昨年(第27回)の展示の様子


第4展示室「植物の世界」 ミニ展示コーナーでも,期間限定展示を展開中!
  詳しくはトップページお知らせをご覧ください。



 通常観覧料金やアクセス等について,詳しくは[ご利用案内]をご確認ください。

倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp



[戻る] [博物館のホームページ] [展示室ページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.