〜 期間限定展示 〜



特別展・企画展など
今だけの展示を楽しもう!
 3階特別展示室や,そのほかの施設にて,期間限定で展示しているものをご紹介します。
 今だけの展示やイベントを,ぜひお見逃しなく!!

特別展ページ] 毎年楽しいテーマの展示をしています。
[催し物ページ] 参加できる関連イベントなどもチェック★




7月20日(土)〜10月14日(月・祝)

第28回特別展
「地球の元素」−ヒトも地球も元素でできている―

 地球を構成する元素約90種について,地下深部の特殊な岩石や,リチウム・ベリリウム・希土類元素(レアアース)・ニオブ・タンタルなど特殊な元素を含む世界の鉱物・岩石などで紹介します。また,昭和の時代に岡山県内で操業していた鉱山から産したビスマス・テルル・水銀・モリブデン・金などの希少元素を含む鉱物も紹介します。
◆会期:2019年7月20日(土)〜10月14日(月・祝)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆主な展示物:
<地下100km以深の岩石>

 アメリカ・アリゾナ州のかんらん岩,ノルウェー西海岸オーハイムのざくろ石かんらん岩,イタリア・ドラマイラの超高圧変成岩
<元素の種類と鉱物の色>
 典型元素だけからできている鉱物,典型元素を主成分とし少量の遷移元素を含む鉱物,遷移元素を主成分とする鉱物
<元素発見のもとになった鉱物>
 ドイツの紅ヒニッケル鉱(ニッケルの発見),イギリス・スコットランドのストロンチアンナイト(ストロンチウムの発見),スウェーデン・リダールヒッタンのセライト(ランタンやセリウムなどの希土類元素(レアアース)の発見)など
<各種元素を含む鉱物>
 リチウムを含む鉱物(リチア雲母),セシウムを含む鉱物(ポルサイト),ベリリウムを含む鉱物(緑柱石),バリウムを含む鉱物(重晶石),ジルコニウムを含む鉱物(ジルコン),ニオブを含む鉱物(コルンブ石),オスミウムやイリジウムを含む鉱物(イリドスミン),水銀を含む鉱物(辰砂),ゲルマニウムを含む鉱物(ゲルマナイト),スズを含む鉱物(スズ石),ヒ素を含む鉱物(硫ヒ鉄鉱),アンチモンを含む鉱物(輝安鉱),フッ素を含む鉱物(ほたる石)など
<岡山県で産出した希少元素を含む鉱物>
 倉敷市真備町産のタングステンを含む鉱物(鉄重石),和気町産の水銀を含む鉱物(辰砂),美咲町産のビスマス・テルルを含む鉱物(ラクリジャイト),総社市延原産のリチウムを含む鉱物(リチア雲母)など
◆関連イベント:
場所:
自然史博物館地階講義室
申込み:下記申込期間中の9〜17時に電話で自然史博物館へ。
※小学生以下は付き添いの方同伴でご参加願います(付添いの方は申込人数には含みません)。


●展示解説1
★終了7月20日(土)10時〜12時 地球の地殻・マントル・核のそれぞれの構成物質の紹介と,元素の周期表の族ごとの地球における存在状態の紹介(観覧料要)。申込期間/7月7日(日)〜19日(金)定員/申込み先着50名

●展示解説2★終了
7月21日(日)10時〜11時 岡山県内でかつて操業していた鉱山から産した希少元素を含む鉱物の紹介。申込期間/7月7日(日)〜19日(金)定員/申込み先着50名

●黒鉱の顕微鏡観察★終了8月4日(日)午前の部/10時〜11時30分・午後の部/14時〜15時30分 秋田県のレアメタルを含む鉱石「黒鉱」の話と観察。申込期間/7月27日(土)〜8月1日(木)定員/申込み先着5名(午前の部・午後の部とも)

金鉱石の顕微鏡観察18月25日(日)14時〜15時30分 江戸初期に採掘された伊豆半島の縄地鉱山の金鉱石中の金や銀を含む鉱物の観察。申込期間/8月17日(土)〜22日(木)定員/申込み先着5名

展示解説18月31日(土)10時〜12時 地球の地殻・マントル・核のそれぞれの構成物質の紹介と,元素の周期表の族ごとの地球における存在状態の紹介(観覧料要)。申込期間/8月18日(日)〜30日(金)定員/申込み先着50名

銅鉱石の顕微鏡観察9月1日(日)午前の部/10時〜11時30分・午後の部/14時〜15時30分 倉敷市の帯江銅山の銅鉱石の観察。申込期間/8月24日(土)〜8月29日(木)定員/申込み先着5名(午前の部・午後の部とも)

金鉱石の顕微鏡観察29月29日(日)午前の部/10時〜11時30分・午後の部/14時〜15時30分 日本最大の鹿児島県菱刈鉱山の金鉱石の観察。申込期間/9月21日(土)〜9月26日(木)定員/申込み先着5名(午前の部・午後の部とも)

パオちゃん’s EYE No.27「地球の元素」もご覧ください。
第28回特別展地球の元素チラシ表面第28回特別展地球の元素チラシ裏面

 
7月26日(金)〜2020年3月31日(火)

◎特別陳列「畠田和一貝類コレクション展1 
畠田和一が発見した新種・新亜種」

 畠田和一はハタケダマイマイやオカヤマコギセルなどの発見者として知られている岡山では数少ない「貝人」です。 第1回は畠田和一貝類コレクションの中から畠田和一が発見した新種・新亜種を紹介します。
◆会期:2019年7月26日(金)〜2020年3月31日(火)
◆会場:自然史博物館2階事務室前
◆料金:通常料金




9月8日(日)〜9月22日(日)

◎特別陳列「鳴く虫サロン」

 スズムシ,マツムシのほか,各種キリギリス・コオロギ類をみんなで持ち寄って生きている姿を展示します。出品者を募集します。自慢の虫や飼育セットの展示を通じて虫仲間と交流を深めましょう。
◆会期:2019年9月8日(日)〜22日(日)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆料金:通常料金
◆備考:出品者の駐車場は用意します。飼育ケースはお貸しできます。会期中の飼育管理は原則として出品者でお願いします。出品申込み,問い合わせは昆虫担当:奥島
(E-mail musoku@city.kurashiki.okayama.jp Tel 086-441-5376)まで。


スズムシ


第4展示室「植物の世界」 ミニ展示コーナーでも,期間限定展示を展開中!
  詳しくはトップページお知らせをご覧ください。



 通常観覧料金やアクセス等について,詳しくは[ご利用案内]をご確認ください。

倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp



[戻る] [博物館のホームページ] [展示室ページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.