〜 期間限定展示 〜



特別展・企画展など
今だけの展示を楽しもう!
 3階特別展示室やそのほか館内,博物館外の施設などにて,
期間限定で展示しているものをご紹介します。
 今だけの展示やイベントを,ぜひお見逃しなく!!

特別展ページ] 毎年楽しいテーマの展示をしています。
[催し物ページ] 参加できる関連イベントなどもチェック★

 



8月19日(水)〜9月27日(金)開催決定
◎特別陳列「新着資料展2020<甲虫など>」


 
最近寄贈された昆虫標本コレクションを初公開します。
◆会期:2020年8月19日(水)〜9月27日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆展示内容:「三木進コレクション」(日本とボルネオの昆虫,約18,000点),「松本堅一コレクション」(日本産オサムシ,約3,400点)

※この特別陳列は見合わせ(当初予定会期:5月30日(土)〜6月28日(日))となっていたものが,会期を変更して開催と決定したものです。


 
8月22日(土)〜9月6日(日)

◎特別陳列「むしむしサロン」


 昨年までの「鳴く虫サロン」がリニューアル,今年から昆虫全般に展示対象を拡大しました。自慢の生きている昆虫の生態展示を募集します。展示会場では虫仲間と交流を深めましょう。
◆会期:2020年8月22日(土)〜9月6日(日)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆料金:通常料金
◆備考:観覧者に危害を与える可能性のある昆虫は出品できません。出品者の駐車場は用意します。飼育ケースはお貸しできます。会期中の飼育管理は原則として出品者でお願いします。出品申込み,問い合わせは昆虫担当:奥島(Tel 086-441-5376 E-mail musoku@city.kurashiki.okayama.jp)まで。


 
4月11日(土)〜9月27日(日)

◎特別陳列「畠田和一貝類コレクション展2
畠田和一が採集していた絶滅種1」


 畠田和一(1897-1965)はハタケダマイマイやオカヤマコギセルなどの発見者として知られている岡山では数少ない「貝人」です。今回はコレクションの中から畠田和一が採集していた絶滅種としてシマヘナタリやハイガイなど,大規模な内湾奥の,干潟や河口汽水域に特異的な種を紹介します。これらは標本の存在によって,その種が岡山県にかつて分布していたことが明らかになると同時に,すでに絶滅していたことが明らかになったものです。
◆会期:2020年4月11日(土)〜9月27日(日)
◆会場:自然史博物館2階事務室前
◆料金:通常料金

☆タイトルまたは画像をクリックすると、展示中の標本写真と解説文をご覧になれます。


特別陳列「畠田和一貝類コレクション展1 畠田和一が発見した新種・新亜種」(会期終了)はこちら






第4展示室「植物の世界」 ミニ展示コーナーでも,期間限定展示を展開中!
  詳しくはトップページお知らせをご覧ください。



 通常観覧料金やアクセス等について,詳しくは[ご利用案内]をご確認ください。

倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp



[戻る] [博物館のホームページ] [展示室ページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.