〜 催し物案内 〜



自然に関するイベントに参加してみませんか?
 倉敷市立自然史博物館・友の会は楽しい参加型行事を多数企画しています。
館内でお話を聞くものや作る物,外にでかけるものなど,さまざまなものがあります。
 気になるものをみつけてぜひご参加ください!

※参加費について記載のない行事は無料です。
※申込み方法や定員,料金などは各イベントによって異なります。
※行事によっては電子申請(ネット申込み)も受け付けています。各案内文内にリンクを設けていますのでご利用ください。

↓年間の催し物チェックはこちら↓

2019年度イベントカレンダー

詳細は毎月末頃に翌々月の行事をホームページ下記掲載・更新予定です。
博物館にて紙冊子も配布,友の会会員には郵送もしています。


ページ下部へ自動スクロール
[8月][9月
[毎日開催] [その他参加できるもの・募集]
博物館連絡先・観覧料などは
[ご利用案内]

展示もぜひご覧ください
[展示案内]
倉敷市立自然史博物館メールマガジンでも毎月の催し物情報を発信中!
登録などについて詳しくは[メールマガジンページ]をご覧ください。

倉敷市立自然史博物館公式Twitter"パオちゃん"でも
イベント告知をしています。フォローしてね!





8月のイベント
8月の休館日 5日(月),13日(火),19日(月),26日(月)

8月のお知らせ館内等紙配布(7月1日発行)pdfデータ [8月詳細版] [8月概略版] 印刷・配布等,ご自由にお使いください。

8月4日(日)
★終了
特別展「地球の元素」関連イベント 「黒鉱の顕微鏡観察」

 秋田県のレアメタルを含む鉱石「黒鉱」のお話と観察をします。
◆日時:2019年8月4日(日)午前の部/10時〜11時30分・午後の部/14時〜15時30分
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆定員:申込み先着5名(午前の部・午後の部とも)。小学生以下は付き添いの方同伴でご参加願います(付添いの方は申込人数には含みません)。
◆申込み:7月27日(土)〜8月1日(木)の9時〜17時に電話で自然史博物館へ。
◆参加費:無料


8月10日(土)★終了
◎自然観察会「倉敷みらい公園の生き物しらべ2019年夏&セミのぬけがら調査」
(博物館第331回・友の会第589回)
 倉敷みらい公園の自然観察会は,今年も例年通り夏編を開催します。真夏に街中の公園で活動している水生生物,植物,昆虫,野鳥などの観察に加えて,夏編ではセミのぬけがら調査も行います。セミの種やその比率などについて,これまでの調査で記録しているデータからの変化を調べる楽しい観察会です。
◆日時:2019年8月10日(土) 9時〜12時(受付8時30分〜9時)
・生き物しらべとまとめ/9時〜10時30分
・セミのぬけがら調査とまとめ/10時30分〜12時
 どちらかだけの参加もできます。セミのぬけがら調べだけの場合の受付は10時30分まで。
◆観察場所:倉敷みらい公園(倉敷駅北側の商業施設の間)
◆集合場所:公園管理棟北側近くにある東屋(あずまや)
◆講師:狩山俊悟,坂本明弘,末長晴輝,山ア法子,他 友の会幹事
◆持参品:筆記用具,観察用具,雨具,飲料水,救急用品など。真夏の観察会です。特に熱中症対策には十分な準備をお願いします。
◆申込み:8月9日(金)までに電話・ファックス・はがきなどで自然史博物館へ。電子申請もできます。
◆交通案内:JR倉敷駅北口より徒歩約5分。駐車場(有料)は現地商業施設分が利用できます。
◆備考:雨天決行。ただし,倉敷地域に警報発令時は中止。天候があやしい場合は当日朝8時以降に友の会携帯電話090-8242-3896)までお問い合わせください。小学生以下のお子様は終了まで保護者同伴でご参加ください。現地にトイレはあります。 高い所のセミのぬけがらを採集するために長い補虫網などをお持ちの方は持参してください。今回は友の会と共催です。
◆参加費:無料


8月11日(日)★終了
◎自然素材を使った手作り教室
 ドライフラワーや木の実,つるなどの自然素材を使った手作り作品を作ります。今回は昆虫の置物なども作れます。
◆日時:2019年8月11日(日)13時〜16時(受付13時〜15時30分)(毎月第2日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:友の会との共催です。未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


8月12日(月・振休)★終了
◎夏休み特別企画
◆日時:
2019年8月12日(月・振休)10時〜12時・13時〜15時
◆会場:3階 第4展示室
◆内容:缶バッジ作り(有料 ピンタイプ…100円 マグネットタイプ…150円 キーホルダー…350円)
     しおり作り(有料 100円)



8月18日(日)★終了
◎自然の標本なんでも相談会
 夏休みの自由研究や日ごろ採集した標本の名前を調べるお手伝いのほか,上手な標本の作り方や保存方法など,標本に関するさまざまな疑問にお答えします。会場では標本作製の実演,採集用品・標本用品・図鑑などのあっせんがあります。
◆日時:2019年8月18日(日)10時〜16時
◆会場:
倉敷市立自然史博物館地階講義室
◆講師と分野:草地功(岩石・化石・鉱物),武智泰史(岩石・化石・鉱物),川合啓二(コケ植物),片岡博行(種子植物),榎本敬(種子植物),山下純(維管束植物),裾分由美子(栽培植物),狩山俊悟(維管束植物),秋山美文(甲虫),高橋元(バッタ),岡野貴司(チョウ・ガ),守安敦(トンボ),奥島雄一(甲虫ほか),山ア法子(動物),坂本明弘(動物),江田伸司(動物)ほか
◆申込み:当日,受付へ
◆備考:標本には,採集場所・採集日・採集者などを記入したラベルを付けておいてください。コケ植物の名前がわかるのは夏休み期間中この日限りです。海藻については標本をお預かりし,後日回答させていただきます。友の会会員の方はあっせん物品を会員価格で購入できますので,会員証を忘れずにお持ちください。この行事は友の会と共催です。
◆参加費:無料


8月25日(日)★申込み受付中
特別展「地球の元素」関連イベント「金鉱石の顕微鏡観察1」
 江戸初期に採掘された伊豆半島の縄地鉱山の金鉱石中の金や銀を含む鉱物を観察します。
◆日時:
2019年8月25日(日)14時〜15時30分
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆定員:申込み先着5名。小学生以下は付き添いの方同伴でご参加願います(付添いの方は申込人数には含みません)。
◆申込み:8月17日(土)〜22日(木)の9時〜17時に電話で自然史博物館へ。
◆参加費:無料


8月25日(日)★当日受付
◎折り紙教室
 初心者からセミプロまで参加できる折り紙教室です。
◆日時:2019年8月25日(日)9時30分〜16時(毎月第4日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


8月31日(土)※8月18日(日)9時より電話で自然史博物館まで。
特別展「地球の元素」関連イベント 「展示解説1」

 地球の地殻・マントル・核のそれぞれの構成物質の紹介と,元素の周期表の族ごとの地球における存在状態を紹介します。
◆日時:2019年8月31日(土)10時〜12時
◆会場:自然史博物館地階講義室・3階特別展示室
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆定員:申込み先着50名
◆申込み:8月18日(日)〜30日(金)の9〜17時に電話で自然史博物館へ。小学生以下は付き添いの方同伴でご参加願います(付添いの方は申込人数には含みません)。
◆参加費:
観覧料要



9月のイベント
9月の休館日 2日(月),9日(月),17日(火),24日(火),30日(月)

9月のお知らせ館内等紙配布(8月1日発行)pdfデータ[9月詳細版][9月概略版]印刷・配布等,ご自由にお使いください。

9月1日(日)
※8月24日(土)9時より電話で自然史博物館まで。
特別展「地球の元素」関連イベント「銅鉱石の顕微鏡観察」
 倉敷市の帯江銅山の銅鉱石を観察します。
◆日時:2019年9月1日(日)午前の部/10時〜11時30分・午後の部/14時〜15時30分
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆定員:申込み先着5名(午前の部・午後の部とも)。小学生以下は付き添いの方同伴でご参加願います(付添いの方は申込人数には含みません)。
◆申込み:
8月24日(土)〜8月29日(木)の9時〜17時に電話で自然史博物館へ。
◆参加費:無料


9月8日(日)★当日受付
◎自然素材を使った手作り教室
 ドライフラワーや木の実,つるなどの自然素材を使った手作り作品を作ります。今回は昆虫の置き物なども作れます。
◆日時:2019年9月8日(日)13時〜16時(受付13時〜15時30分)(毎月第2日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:友の会との共催です。未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


9月15日(日)★申込み受付中
◎自然観察会「ミズアオイ観察会」(博物館第332回・友の会第590回)
 岡山県下で,ただ1か所のミズアオイの自生地でミズアオイとそれを取り巻く生物多様性を確認する観察会です。昨年は,外敵の食害による全滅のため別の場所で育てた自生地起因の株を運んでの観察会でしたが,今年はぜひとも現地で育った花を観て頂けるように,関係者が保護活動を続けています。ミズアオイが持つ,次の世代に生き続けて行くために,虫たちに花粉を運んでもらえるような不思議な構造を観察しましょう。併せて,周辺に生息する昆虫たちと,横を流れる倉敷川の水生生物の観察も行います。
◆日時: 2019年9月15日(日)10時〜12時(受付9時30分〜10時)
◆観察場所:倉敷市加須山,小瀬戸橋下流東側河川敷
◆集合場所:同上
◆講師:榎本敬,狩山俊悟(自然史博物館),坂本明弘,他 友の会幹事
◆駐車場:藤原車輛様の従業員駐車場。他(当日案内します)
◆持参品:飲料水,筆記用具,採集・観察用具(網,ルーペ など),長靴(自生地に入る方),自己分の救急用品,雨具など
◆申込み:9月14日(土)までに,電話・FAX・郵便などで自然史博物館まで。小学生以下のお子様は必ず全時間帯を保護者同伴でお願いします。電子申請もできます。
◆主催:倉敷市・倉敷市立自然史博物館友の会
◆後援:岡山県・倉敷の自然をまもる会
◆備考:雨天決行。ただし,倉敷地域に警報発令があれば中止します。天候が怪しい時には当日朝8時以降に友の会携帯電話
(090-8242-3896)までお問い合わせください。
◆参加費:無料


9月22日(日)
※9月3日(火)より電話で自然史博物館まで
◎自然観察会「コウノトリ,山陰海岸の植物,玄武洞」バス観察会
 豊岡市内の3か所,国の天然記念物と世界ジオパーク,海浜植物をめぐる観察会です。コウノトリ保護活動の中心地,兵庫県立コウノトリの郷公園に隣接する豊岡市コウノトリ文化館は,周辺で巣立った多くのコウノトリたちが餌取りや休息に集まる素敵な湿地ビオトープがあるエコミュージアムです。駐車場の直前にあり,コウノトリの郷公園の中まで周遊しないでも,ここでじっくり観察できます。コウノトリの保護活動の歴史と現状,湿地の生物,淡水魚の展示など,ワクワクしてすぐに時間が過ぎるでしょう。弁天浜は,周辺に多数のジオポイントがある小さな海浜で,松林の林間を抜けるとすぐ海です。砂浜から続く崖の地層も面白い。最後は玄武洞公園です。玄武岩の名前の由来はご存知ですか。玄武洞で学びましょう。周辺の整備が進みミュージアムもできています。かつては対岸から渡船で見学しましたが,ミュージアム脇の駐車場から,少し石段を上がり,同じ石段を帰ります。
◆日時:2019年9月22日(日)7時30分〜19時(受付時間は集合場所により異なります)
◆観察場所:兵庫県豊岡市(コウノトリ文化館,弁天浜海岸,玄武洞公園)
◆おもな行程:倉敷(7時30分)→バス→豊岡市コウノトリの郷公園駐車場(11時〜)<観察・昼食>(12時30分)→バス→竹野・弁天浜(13時〜14時)→バス→玄武洞公園(14時30分〜15時30分)→バス→倉敷(19時予定)
◆集合場所:倉敷駅前または倉敷市役所駐車場
◆講師:狩山俊悟(自然史博物館),友の会幹事
◆服装:長袖シャツ,長ズボン,歩ける靴と帽子をご使用ください。
◆持参品:水筒(飲み物),雨具,軍手,帽子,救急用品,昼食,筆記用具,観察用具
◆定員:中型バス1台の予定で募集28名です。
◆申込み:9月3日(火)から,電話で自然史博物館(友の会事務局)(086−425−6037)へご連絡・申込みください。中学生以下の方は保護者同伴でないと参加できません。友の会会員は6000円,会員外は6500円を当日受付で集金します。キャンセルは,必ず電話連絡をください。前日・当日のキャンセルは連絡いただいた場合2000円,当日連絡なしの欠席の場合全額をキャンセル料としていただきます。なおキャンセルが生じた場合には補充受付をしますので,お問い合わせください。
◆当日受付場所:倉敷市役所の駐車場は,交番横を北へ入りすぐの東側で,受付7時20分から7時30分。バスに乗車し駅前へ移動。倉敷駅前の受付は,倉敷駅西ビルの市営駐車場前臨時バス昇降場所で,受付7時30分から7時40分。市役所から移動のバスに乗車し駅前を7時40分に出発。
◆朝の電車案内:倉敷駅の時刻は,山陽本線の岡山方面から7時31分着(三原行),伯備線総社方面から7時19分着(相生行),山陽本線笠岡・鴨方方面から7時32分着(岡山行)
◆備考:小雨は決行。ただし大雨や洪水や強風の場合は中止にすることもあります。天候があやしい場合は,「当日の6時以降」に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。


9月22日(日)★当日受付
◎折り紙教室
 初心者からセミプロまで参加できる折り紙教室です。
◆日時:2019年9月22日(日)9時30分〜16時(毎月第4日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


9月28日(土)
※9月14日(土)9時より電話で自然史博物館まで
◎自然観察会「倉敷美観地区で淡水魚を観察しよう―秋編―」(博物館第333回・友の会第592回)
 倉敷美観地区で倉敷川の淡水魚を観察しましょう。どんな種類が見つかるでしょうか。
◆日時:2019年9月28日(土)9時30分〜12時頃(受付9時〜9時30分)
◆観察場所:倉敷美観地区内の倉敷川(倉敷市中央1丁目)
◆集合場所:自然史博物館1階学習コーナー
◆講師:山野ひとみ(倉敷芸術科学大学),江田伸司(自然史博物館)ほか
◆持参品:筆記用具,あれば観察用具(双眼鏡など),飲料水,救急用品など。帽子など熱中症予防対策をお願いします。魚の採集はしませんので網などは不要です。
◆定員:先着30名(中学生以下は保護者同伴)
◆申込み:9月14日(土)以降の9時〜17時に電話(084-425-6037)でお申込みください(9月17日(火)と24日(火)を除く)。なお,キャンセルの場合は必ず速やかに電話連絡してください。
◆交通案内:公共交通機関の利用をおすすめします。JR倉敷駅南口から南へ約800m,徒歩約15分。自家用車の場合は周辺の有料駐車場をご利用ください。
◆備考:雨天中止。天候があやしい場合は「当日の7時以降」に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。倉敷市立自然史博物館友の会と共催です。なお,野生の動物なので,観察会開催中に観察できないこともあります。
◆参加費:無料


9月29日(日)
※9月21日(土)9時より電話で自然史博物館まで
特別展「地球の元素」関連イベント 「金鉱石の顕微鏡観察2」
 日本最大の鹿児島県菱刈鉱山の金鉱石の観察します。
◆日時:2019年9月29日(日)午前の部/10時〜11時30分,午後の部/14時〜15時30分
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆定員:申込み先着5名(午前の部・午後の部とも)
◆申込み:9月21日(土)〜26日(木)の9〜17時に電話で自然史博物館へ。小学生以下は付き添いの方同伴でご参加願います(付添いの方は申込人数には含みません)。
◆参加費:無料




毎日やっています
博物館に行ってやってみよう!

開館日はいつも
きょうりゅうぬりえ・きょうりゅうおえかき
 ティラノサウルスやトリケラトプスなど人気の恐竜ぬりえや,お絵かきができます。どんな色だったのか想像してぬってみよう!
◆日時:開館日の9時〜17時15分
◆会場:自然史博物館2階エレベーター前
◆申込み:不要
◆参加費:観覧料(くわしくは博物館ご利用案内ページをご覧ください)

開館日はいつも

観察
スケッチぬりえ「自然派のたしなみ」
 観察画に色ぬりができます。テーマはトップページのお知らせをご確認ください。
◆日時:開館日の9時〜17時15分
◆会場:自然史博物館2階エレベーター前
◆申込み:不要
◆参加費:観覧料(くわしくは博物館ご利用案内ページをご覧ください)
メマツヨイグサ(アカバナ科)のぬりえ
▲「自然派のたしなみ」8月
メマツヨイグサ(アカバナ科)




その他参加できるもの・募集
好きなものをみつけて,もっと深く知ろう!

博物館のお宝探検(植物・昆虫コース)
 自然史博物館には展示されていない標本を大切にしまっておく標本収蔵庫という特別な部屋があります。自由に立ち入ることはできませんが数々の貴重なお宝を保管している部屋の見学をご希望の方は各担当までご予約ください。

ボランティア募集中
 倉敷市立自然史博物館では,各種ボランティアを募集しています。くわしくはタイトル文字リンク先ボランティア募集ページをご覧ください。

水生昆虫募集
 自然史博物館1階のミニ水族館では岡山県内で採集された水生昆虫を飼育しています。えさとなる小魚や小昆虫も歓迎します。連絡は奥島まで電話かメールでお願いします。




倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
FAX:086-425-6038
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp
※電子申請で申込みできる行事のみご利用ください
行事申込電子申請パソコン・スマートフォン:
http://s-kantan.com/city-kurashiki-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=210
行事申込携帯用:http://s-kantan.com/city-kurashiki-okayama-k/offer/offerListMobile_detail.action?tempSeq=210


[戻る] [博物館のホームページ] [友の会のホームページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.