〜 催し物案内 〜



自然に関するイベントに参加してみませんか?
 倉敷市立自然史博物館・友の会は楽しい参加型行事を多数企画しています。
館内でお話を聞くものや作る物,外にでかけるものなど,さまざまなものがあります。
 気になるものをみつけてぜひご参加ください!

※参加費について記載のない行事は無料です。
※申込み方法や定員,料金などは各イベントによって異なります。
※行事によっては電子申請(ネット申込み)も受け付けています。各案内文内にリンクを設けていますのでご利用ください。

↓年間の催し物チェックはこちら↓
2018年度イベントカレンダー
平成30年度年間イベントカレンダー

詳細は毎月末頃に翌々月の行事をホームページ下記掲載・更新予定です。
博物館にて紙冊子も配布,友の会会員には郵送もしています。


ページ下部へ自動スクロール
[12月] [1月]
[毎日開催] [その他参加できるもの・募集]
博物館連絡先・観覧料などは
[ご利用案内]

展示もぜひご覧ください
[展示案内]
倉敷市立自然史博物館メールマガジンでも毎月の催し物情報を発信中!
登録などについて詳しくは[メールマガジンページ]をご覧ください。

倉敷市立自然史博物館公式Twitter"パオちゃん"でも
イベント告知をしています。フォローしてね!





12月のイベント
12月の休館日 3日(月),10日(月),17日(月),25日(火),12月28日(金)〜2019年1月4日(金)

12月2日(日)終了
◎自然観察会「みんなで溜川ウォッチング」
友の会第568回)
 溜川では毎週金曜日の定期観察のほかに年に一度,休日にも観察をおこなっています。北国から渡ってきたカモやカモメなどいろいろな野鳥が観察できるでしょう。休日ならば行ってみようと思われる方や,野鳥観察が初めての方からリピーターの方まで気軽にご参加ください。貸し出しの双眼鏡もありますので道具が無い方も大丈夫。いっしょに観察をしましょう。
◆日時:2018年12月2日(日)10時〜11時30分(受付9時30分〜10時)
◆観察場所:倉敷市玉島溜川
◆集合場所:溜川公園 野鳥観察所
◆講師:山ア法子・溜川ウォッチンググループ・友の会幹事ほか
◆持参品:筆記用具,あれば双眼鏡・望遠鏡・図鑑,飲料,救急用品,防寒着など
◆申込み:12月1日(土)までに電話・ファックス・ハガキなどで博物館友の会事務局まで。電子申請もできます。(双眼鏡を借りたい方は電話のみ)
◆交通案内:
倉敷駅(JR山陽本線)→新倉敷駅 大人片道200円
往路  8時57分 → 9時5分
新倉敷駅(両備バスA番)→玉島SC 大人片道170円
往路 9時25分 → 9時30分
 バスは住友重機西門行きにご乗車ください。玉島ショッピングセンターTOPS前バス停から集合場所までは100m(JR新倉敷駅からは約1.5km)です。ダイヤ・運賃は変更になる場合がありますのでご利用の際は事前にご確認ください。(JR:086-422-0249,両備バス086-444-7122)帰路のバスは13時59分までありません。
自家用車の方は溜川公園の駐車場に駐車してください。
◆備考:双眼鏡を借りたい方は参加申し込みの際にその旨をお伝えください。貸し出しは小学生以上です。台数に限りがありますのでお早めに。取扱説明のため9時45分までに集合してください。
小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。防寒対策は充分にお願いします。トイレは公園内にあります。小雨決行。ただし警報発令時,大雨などの悪天候の時は中止します。天候があやしい場合は午前7時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。この観察会は倉敷市環境学習センターとの共催です。
◆参加費:無料


12月8日(土)★当日受付
◎スライド映写会「花の百名山を訪ねて5〜苗場山,仙丈ヶ岳,石鎚山〜」
 作家の田中澄江さんが1980年に発表された『花の百名山』と1995年に発表された『新・花の百名山』に取り上げられている山々の中から,高山植物で名高い山を紹介するシリーズの5回目です。今回は,山頂台地に広がる広大な湿原と山腹を彩る様々な高山植物が魅力的な苗場山,優雅な山容から「南アルプスの女王」と称せられ多様な高山植物が生育する仙丈ヶ岳,西日本最高峰で峻険な岩壁に高山性の植物が生育する石鎚山の植物や自然景観を紹介します。
◆日時:2018年12月8日(土)10時〜12時(受付9時45分〜)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆解説:狩山俊悟(自然史博物館)
◆申込み:当日受付へ
◆参加費:無料


12月9日(日)
※電話で申込み
◎自然観察会「おかやま自然探訪60」(博物館第316回,友の会第569回)
 岡山平野の丘陵地にある早島町ふれあいの森公園で,初冬の動植物などを観察します。
◆日時:2018年12月9日(日)9時30分〜12時15分(受付9時〜9時30分)
◆観察場所:早島町ふれあいの森公園(矢尾大内田緑地 岡山県都窪郡早島町矢尾1049)
◆集合場所:同上の駐車場

◆講師:倉敷市立自然史博物館学芸員,友の会幹事
◆定員:申し込み順に40名様
◆参加費:無料
◆持参品:筆記用具,観察用具,飲料水,雨具,救急用品など
◆申込み:12月8日(土)17時までに電話で自然史博物館へ
◆交通案内:最寄りの駅は中庄駅ですが公共交通の便が良くないのでタクシー(駅から約2km/約1,000円)や,自家用車などでご参加ください。
◆備考:雨天決行。ただし,警報発令時は中止。天候があやしい場合は当日朝7時以降に友の会の携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。小学生以下の方は保護者同伴でお願いします。観察コースには階段・やや急な坂があります。トイレは観察場所にあります。
◆参加費:無料


12月9日(日)★当日受付
◎自然素材を使った手作り教室
 ドライフラワーや木の実,つるなどの自然素材を使った手作り作品を作ります。今回はクリスマスリースも作れます。
◆日時:2018年12月9日(日)13時〜16時(受付13時〜15時30分)(毎月第2日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:友の会との共催です。未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


12月16日(日)
※11月14日(水)9時〜電話で申込み
◎手作り教室特別編「お飾りづくり」友の会
 日本には古くからお正月にはお飾りを出入り口に取り付け,我が家へ幸運を招き,気を引き締め新たな気持ちで新年を迎える風習があります。昨年に引き続き今年もしめ飾りを自然史博物館で作ってみましょう。初めての人でも作れます。講師がやさしく指導します。
◆日時:2018年12月16日(日)10時〜12時(受付は9時30分〜10時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆参加費:無料
◆定員:先着60名(定員になり次第,締め切ります。)
◆申込み:11月14日(水)9時から12月15日(土)17時までに電話で博物館へ。
◆持参品:ハサミ(わらを切っても良いもの),エプロン,あればペンチ
【えんぎものを付ける】会場には,わらのみを準備します。わらで本体ができたら年末に市販される2〜3点の装飾品(えんぎもの)を取り付けてください。コンブ,ダイダイ,ウラジロ,ホンダワラなどです。


12月23日(日)★当日受付
◎折り紙教室
 初心者からセミプロまで参加できる折り紙教室です。
◆日時:2018年12月23日(日)9時30分〜16時(毎月第4日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料



1月のイベント
1月の休館日 2018年12月28日(金)〜1月4日(金),7日(月),15日(火),21日(月),28日(月)

1月6日(日)★当日受付
◎博物館講座「岡山県の化石について 学芸員研究紹介−地学−」
 岡山県は他の日本列島の地域と同じく,プレート同士の境界の造山帯であり,約3億年前の古生代から数万年前の新生代にいたる様々な時代の化石が多く見つかっています。それらの岡山県の化石を時代ごとにスライドで紹介します。
◆日時:2019年1月6日(日)14時〜15時(受付13時30分〜14時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆参加費:無料
◆申込み:不要
◆備考:今回は友の会との共催です。


1月13日(日)★当日受付
◎自然素材を使った手作り教室
 ドライフラワーや木の実,つるなどの自然素材を使った手作り作品を作ります。今回は干支の置き物(亥)も作れます。
◆日時:2019年1月13日(日)13時〜16時(受付13時〜15時30分)(毎月第2日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:友の会との共催です。未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


1月20日(日)
※1月5日(土)9時〜電話で申込み
◎自然観察会「再訪・鴻島の自然」(友の会第570回)
 瀬戸内の島巡りシリーズでは,岡山県側から定期船を使って渡ることができる13の島々を巡ってきました。今回は,島が大きすぎて島の一部しか観察ができなかった鴻島の,前回歩いていない島北部を歩くコースを設定してみました。鴻島はたくさんの別荘が立ち並ぶことで有名で,展望に優れ,瀬戸内海の多島美を楽しむことができます。
白石島,大多府島,前島,北木島南部,鴻島南部,高島,頭島,大飛島,鹿久居島,六島,犬島,小飛島,真鍋島,北木島北部に続く,瀬戸内の島巡り,第15弾です。
◆日時:2019年1月20日(日)9時〜13時30分(受付8時45分〜9時)
行きのフェリーは日生港発9時15分(鴻島着9時30分),帰りの船は鴻島発13時15分(日生港着13時30分)を予定しています。
◆観察場所:備前市日生町日生 鴻島北部
◆集合場所:日生港定期船乗り場(大生汽船の定期船乗り場に集合してください。JR日生駅前のフェリー乗り場とは違いますのでご注意願います)
◆案内:狩山俊悟(自然史博物館),友の会幹事
◆持参品:筆記用具,観察用具,弁当,水筒,防寒具,雨具,救急用品など
◆参加費(船賃):大人620円,小学生320円(つり銭のいらないよう準備願います)
◆申込み:定員30名。2019年1月5日(土)午前9時から電話(086-425-6037)で友の会事務局へ。定員になり次第締め切らせていただきます。
◆交通案内:JR日生駅から定期船乗り場まで約1km(徒歩約15分)です。自家用車の場合,日生港近くに有料駐車場がありますが収容台数が限られていますので,できるだけ乗り合わせるか公共交通機関をご利用願います。
        岡山駅 JR赤穂線 日生駅(岡山〜日生,大人片道840円)
   行き   7時21分  →   8時22分
   帰り  15時01分  ←  13時56分
       16時01分  ←  14時56分
◆備考:雨天決行。ただし,警報発令時及び定期船欠航の場合は中止。天候があやしい場合は当日朝7時以降に友の会の携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。小学生以下の方は保護者同伴でお願いします。歩行コースはアップダウンのあるコースですので,ベビーカーでの参加はできません。


1月20日(日)
※1月6日(日)9時〜電話で申込み
◎地学教室「サファイアの研磨」
 地下深部の高温条件でできた片麻岩という岩石には時に宝石として知られているサファイア(少量のチタンと鉄を含む青いコランダム)やルビー(少量のクロムを含む赤いコランダム)が含まれています。今回は富山県南砺市利賀村の片麻岩中のサファイアを研磨します。
※サファイアについては[鉱物の色]ページでも見ることができます。
◆日時・会場:2019年1月20日(日)自然史博物館 地階講義室
午前の部:10時〜11時(受付9時30分〜10時)
午後の部:14時〜15時(受付13時30分〜14時)
※終了時間は若干,変動します。
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆参加費:無料
◆申込み:2019年1月6日(日)から1月16日(水)の9時〜17時までに電話で自然史博物館までお願いします(1月7日(月)と1月15日(火)は休館日)。なお,お申し込み時に午前の部・午後の部のいずれをご希望かをお伝えください。申込みの後,キャンセルされる場合は早めにご連絡ください。
◆定員:午前の部・午後の部,共に申込み順に先着15名まで(付き添いの方を除く)。なお,同じ方の両方の申し込みはできません。
◆備考:汚れる作業なので,汚れてもよい服装でお越しください。今回は友の会との共催です。小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。


1月27日(日)★当日受付
◎折り紙教室
 初心者からセミプロまで参加できる折り紙教室です。
◆日時:2019年1月27日(日)9時30分〜16時(毎月第4日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


2月3日(日)
※1月20日(日)9時〜電話で申込み
◎地学教室「火山灰の観察」
 現在も活発な火山活動を続けている鹿児島県霧島市新燃岳の火山灰(2011年に噴出したもの)を実体顕微鏡で観察し,その中に見られる鉱物を同定します。
◆日時・会場:2019年2月3日(日)自然史博物館 地階講義室
午前の部:10時〜11時(受付9時30分〜10時)
午後の部:14時〜15時(受付13時30分〜14時)
※終了時間は若干,変動します。
◆講師:武智泰史(自然史博物館)
◆参加費:無料
◆申込み:2019年1月20日(日)から1月30日(水)の9時〜17時までに電話で自然史博物館までお願いします(1月21日(月)と1月28月(月)は休館日)。なお,お申し込み時に午前の部・午後の部のいずれをご希望かをお伝えください。申込みの後,キャンセルされる場合は早めにご連絡ください。
◆定員:午前の部・午後の部,共に申込み順に先着5名まで(付き添いの方を除く)。なお,同じ方の両方の申し込みはできません。
◆備考:今回は友の会との共催です。小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。



毎日やっています
博物館に行ってやってみよう!

開館日はいつも
きょうりゅうぬりえ・きょうりゅうおえかき
 ティラノサウルスやトリケラトプスなど人気の恐竜ぬりえや,お絵かきができます。どんな色だったのか想像してぬってみよう!
◆日時:開館日の9時〜17時15分
◆会場:自然史博物館2階エレベーター前
◆申込み:不要
◆参加費:観覧料(くわしくは博物館ご利用案内ページをご覧ください)

開館日はいつも

観察
スケッチぬりえ「自然派のたしなみ」
 観察画に色ぬりができます。テーマはトップページのお知らせをご確認ください。
◆日時:開館日の9時〜17時15分
◆会場:自然史博物館2階エレベーター前
◆申込み:不要
◆参加費:観覧料(くわしくは博物館ご利用案内ページをご覧ください)




その他参加できるもの・募集
好きなものをみつけて,もっと深く知ろう!

博物館のお宝探検(植物・昆虫コース)
 自然史博物館には展示されていない標本を大切にしまっておく標本収蔵庫という特別な部屋があります。自由に立ち入ることはできませんが数々の貴重なお宝を保管している部屋の見学をご希望の方は各担当までご予約ください。

ボランティア募集中
 倉敷市立自然史博物館では,各種ボランティアを募集しています。くわしくはタイトル文字リンク先ボランティア募集ページをご覧ください。

水生昆虫募集
 自然史博物館1階のミニ水族館では岡山県内で採集された水生昆虫を飼育しています。えさとなる小魚や小昆虫も歓迎します。連絡は奥島まで電話かメールでお願いします。




倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
FAX:086-425-6038
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp
※電子申請で申込みできる行事のみご利用ください
行事申込電子申請パソコン・スマートフォン:
http://s-kantan.com/city-kurashiki-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=210
行事申込携帯用:http://s-kantan.com/city-kurashiki-okayama-k/offer/offerListMobile_detail.action?tempSeq=210


[戻る] [博物館のホームページ] [友の会のホームページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.