〜 催し物案内 〜



自然に関するイベントに参加してみませんか?
 倉敷市立自然史博物館・友の会は楽しい参加型行事を多数企画しています。
館内でお話を聞くものや作る物,外にでかけるものなど,さまざまなものがあります。
 気になるものをみつけてぜひご参加ください!

※参加費について記載のない行事は無料です。
※申込み方法や定員,料金などは各イベントによって異なります。
※行事によっては電子申請(ネット申込み)も受け付けています。各案内文内にリンクを設けていますのでご利用ください。

↓年間の催し物チェックはこちら↓
2018年度イベントカレンダー
平成30年度年間イベントカレンダー

詳細は毎月末頃に翌々月の行事をホームページ下記掲載・更新予定です。
博物館にて紙冊子も配布,友の会会員には郵送もしています。


ページ下部へ自動スクロール
[8月] [9月] [10月]
[毎日開催] [その他参加できるもの・募集]
博物館連絡先・観覧料などは
[ご利用案内]

展示もぜひご覧ください
[展示案内]
倉敷市立自然史博物館メールマガジンでも毎月の催し物情報を発信中!
登録などについて詳しくは[メールマガジンページ]をご覧ください。

倉敷市立自然史博物館公式Twitter"パオちゃん"でも
イベント告知をしています。フォローしてね!




8月のイベント
※8月の休館日 6日(月),13日(月),20日(月),27日(月)

8月12日(日)終了
◎特別展展示解説会2「担当学芸員がご案内する岡山の野鳥たちの今」
−開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち 〜むかし・いま・みらい〜」関連イベント−
 岡山の野鳥たちの現状をお話しします。
◆日時:2018年8月12日(日)11時〜12時,14時〜15時
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆講師:江田伸司(自然史博物館)
◆料金:通常料金


8月15日(水)終了
◎特別展展示解説会3「特別展を3倍楽しむ方法〜展示から読み解く岡山の野鳥たちの今〜」
−開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち 〜むかし・いま・みらい〜」関連イベント−
 岡山の野鳥たちの現状を展示から読み解いてみましょう。
◆日時:2018年8月15日(水)10時〜12時(受付9時30分〜10時),14時〜16時(受付13時30分〜14時)
◆会場:倉敷市立美術館3階講堂・自然史博物館3階特別展示室
◆講師:多田英行(日本野鳥の会岡山県支部)
◆料金:通常料金

「豪雨災害の鎮魂と復興祈念演奏会」
終了
 展示解説会の合間に演奏会を開催します。ホッと一息,美しく穏やかな音色に耳を傾けてみませんか。
◆日時:2018年8月15日(水)13時〜13時30分(受付12時30分〜13時)
◆会場:倉敷市立美術館3階講堂
◆演奏:岡山大学ギターマンドリンクラブの6名様
◆料金:無料
申込み:不要


8月18日(土)※定員に達しました

◎講演会「1億5千万年物語 〜鳥が恐竜なのか、恐竜が鳥なのか、それが問題だ〜」
―開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち〜むかし・いま・みらい〜」関連イベント−
 今や恐竜と鳥は分けて語ることができません。鳥が恐竜なのか,恐竜が鳥なのか,悩ましくもワクワクするお話を聞いてみませんか。あの「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」の著者川上和人さんによる講演会です。

◆講師:
川上和人(森林総合研究所主任研究員)
◆日時:2018年8月18日(土)14時〜16時(受付13時〜13時50分)
◆会場:倉敷市立美術館3階講堂(倉敷市中央2-6-1,自然史博物館南どなり)
当日はすぐ前の市営中央駐車場等の混雑が予想されます。
公共交通機関をご利用いただくか,お早めのご準備をお願いいたします。


◆定員:200名
◆参加費:無料
◆申込み:8月4日(土)(当日の消印有効)までに往復はがきで自然史博物館(〒710-0046 倉敷市中央2-6-1)へ申込んでください。はがき1枚につき5名以内とし,小学生以下の方は保護者同伴で申込んでください。往信の裏面に@全員の氏名・A代表者の電話番号を,返信の宛名面に代表者の郵便番号・住所・氏名を記入してください。郵便料金は往信・復信とも62円です。不足している場合は不足分の切手をお貼りください。参加の可否は8月11日(土)ころまでにお知らせします。
◆交通案内:JR倉敷駅より南へ約800m,徒歩約15分です。自家用車利用の場合は周辺の有料駐車場をご利用ください。駐車場は混雑が予想されますので,公共交通機関の利用をおすすめします。
◆備考:暴風警報などの発令時は中止します。天候があやしい場合は当日の8時30分以降に自然史博物館(086-425-6037)までお問い合わせください。日本野鳥の会岡山県支部・倉敷市立自然史博物館友の会と共催です。

川上和人(かわかみ かずと)プロフィール
国立研究開発法人森林研究・整備機構 森林総合研究所主任研究員。小笠原諸島を中心に島の生物の生態や保全に関する研究をしている。特に無人島で調査しており,噴火で注目を集めた西之島や原生自然環境保全地域の南硫黄島などをフィールドにしている。1973年大阪府生まれ。趣味はバイクで,愛車はBuell Lightning。東京大学農学生命科学研究科中退。農学博士。著書「鳥類学者だからって、鳥が好きだと思うなよ。」(新潮社)「そもそも島に進化あり」(技術評論社)「鳥類学者 無謀にも恐竜を語る」(技術評論社)ほか多数。


8月5日(日)終了
◎ニワトリの手羽先で骨格標本を作ろう2
―開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち〜むかし・いま・みらい〜」関連イベント−
 今回の骨格標本作りは,当日,各自が持参した手羽先を食べて骨を取り出すところから始まります。骨格標本を作りながら鳥の翼に見られる骨の構造について学びましょう。
◆日時:2018年8月5日(日)13時〜15時(受付12時30分〜13時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:倉敷市立自然史博物館友の会脊椎動物グループ
◆定員:先着10名(小学生以上,小学生は保護者同伴)
◆申込み:7月29日(日)9時〜8月4日(土)17時に電話で自然史博物館へ
◆参加費:材料費100円(保護者の方は不要)
◆持参品:調理済みの手羽先ひとり1〜2本(夏場なので品質管理に注意してご持参ください)
◆備考:倉敷市立自然史博物館友の会脊椎動物グループと共催です。


8月11日(土・祝)終了
◎自然観察会「倉敷みらい公園の生き物しらべ2018年夏&セミのぬけがら調査」(博物館第310回・友の会第559回)
 倉敷みらい公園の生き物しらべ夏編を今年も開催します。街中の公園に生きている植物,昆虫,野鳥,園内を流れる倉敷用水に住んでいる魚や貝などの観察に加えて,夏編ではセミのぬけがら調査も例年通り実施します。各分野で,これまでの調査で記録しているデータからの変化も調べる楽しい観察会です。
◆日時:2018年8月11日(土・祝)9時〜12時(受付8時30分〜9時)
・9時〜10時30分 生き物しらべとまとめ
・10時30分〜12時 セミのぬけがら調査とまとめ
 どちらかだけの参加もできます。セミのぬけがらしらべだけの受付は10時30分まで。
◆観察場所:倉敷みらい公園(倉敷駅北側の商業施設の間)
◆集合場所:公園管理棟北側の近くにある東屋(あずまや)
◆講師:狩山俊悟,坂本明弘,末長晴輝,山ア法子,他に友の会幹事
◆持参品:筆記用具,観察用具,雨具,飲料水,救急用品等。特に真夏の観察会ですので熱中症対策には十分な準備をお願いします。
◆申込み:8月10日(金)までに電話・ファックス・ハガキなどで自然史博物館へ。電子申請も利用できます。
◆交通案内:JR倉敷駅北口より徒歩で約5分。駐車場は現地商業施設分(有料)をご利用ください。
◆備考:雨天決行。ただし,警報発令時は中止。天候があやしい場合は当日朝8時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。小学生以下のお子様は終了まで保護者同伴でご参加ください。現地にトイレはあります。高い所のセミのぬけがらを採集するために,長い捕虫網などをお持ちの方は持参してください。今回は友の会と共催です。


8月11日(土・祝)
終了
◎鳥の横顔を描いてオリジナルTシャツを作ろう
―開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち」関連イベントー
野鳥の横顔を観察してイラストを描き,そのイラストでオリジナルTシャツを作りましょう。
◆日時:2018年8月11日(土・祝)10時〜17時(受付9時45分〜10時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:三木國弘(日本野鳥の会岡山県支部幹事)
◆定員:先着10名(小学生以上,小学生は保護者同伴,保護者の方も描く場合は申込みが必要です)
◆申込み:7月28日(土)9時〜8月10日(金)17時に電話で自然史博物館へ
◆参加費:材料費500円(保護者の方は不要)
◆持参品:鉛筆(HB),消しゴム,定規,筆(中・小,あれば面相),パレット,筆洗,雑巾,無地のTシャツ,あればポスターカラー(12色以上),あれば野鳥の図鑑・写真など
◆備考:作品が完成次第流れ解散となります。日本野鳥の会岡山県支部と共催です。


8月12日(日)終了
◎自然素材を使った手作り教室
 ドライフラワーや木の実,つるなどの自然素材を使った手作り作品を作ります。今回は特別展に関連して水鳥やツル,フクロウなどの鳥の置物も作ることができます。
◆日時:2018年8月12日(日)13時〜16時(受付13時〜15時30分)
(毎月第2日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:友の会との共催です。未就学のお子様は保護者同伴


8月17日(金)終了
◎自然観察会「溜川ウォッチング夏休み特別版2」(博物館第311回,友の会第560回)
−開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち 〜むかし・いま・みらい〜」関連イベント−
 溜川では毎週金曜日に野鳥の定期観察をおこなっています。それに合わせ今回は夏休み特別編として普段とは少し視点を変えた野鳥観察会を2回おこないます。鳥と恐竜との関係を探る,初心者からベテランまで楽しめる観察会です。後半はいつもの溜川ウォッチングですが,恐竜の時代へタイムスリップした気分で観察をしてみましょう。
◆日時:2018年8月17日(金)10時〜12時30分(受付9時30分〜10時)
◆観察場所:倉敷市玉島 溜川
◆集合場所:溜川公園 野鳥観察所
◆講師:多田英行,山ア法子
◆持参品:筆記用具,あれば双眼鏡・望遠鏡・図鑑,飲料,救急用品など
◆申込み:前日までに電話・ファックス・ハガキなどで博物館友の会事務局まで。電子申請もできます。(双眼鏡借りたい方は電話のみ)
◆備考:双眼鏡を借りたい方は参加申込みの際にその旨をお伝えください。貸し出しは小学生以上です。台数に限りがありますのでお早めに。取扱説明のため9時45分までに集合してください。小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。トイレは公園内にあります。小雨決行。ただし警報発令時,大雨などの悪天候の時は中止します。天候があやしい場合は午前7時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。この観察会は倉敷市環境学習センターとの共催です。


8月19日(日)終了
◎自然の標本なんでも相談会
 夏休みの自由研究や日ごろ採集した標本の名前を調べるお手伝いのほか,上手な標本の作り方や保存方法など,標本に関するさまざまな疑問にお答えします。会場では標本作製の実演,採集用品・標本用品・図鑑などのあっせんがあります。
◆日時:2018年8月19日(日)10時〜16時
◆会場:倉敷市立自然史博物館地階講義室
◆講師と分野:草地功(岩石・化石・鉱物),武智泰史(岩石・化石・鉱物),福田富男(海ソウ),川合啓二(コケ植物),片岡博行(種子植物),榎本敬(種子植物),山下純(維管束植物),裾分由美子(栽培植物),狩山俊悟(維管束植物),秋山美文(甲虫),高橋元(バッタ),加藤学(ハチ),岡野貴司(チョウ・ガ),守安敦(トンボ),山地治(甲虫),奥島雄一(甲虫ほか),坂本明弘(動物),江田伸司(動物)ほか
◆申込み:当日,受付で。
◆備考:標本には,採集場所・採集日・採集者などを記入したラベルを付けておいてください。海ソウとコケ植物の名前がわかるのは夏休み期間中この日限りです。友の会会員の方はあっせん物品を会員価格で購入できますので,会員証を忘れずにお持ちください。この行事は友の会と共催です。


8月26日(日)★当日受付
◎折り紙教室
 初心者からセミプロまで参加できる折り紙教室です。
◆日時:2018年8月26日(日)9時30分〜16時(毎月第4日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学のお子様は保護者同伴



9月のイベント
9月の休館日 3日(月),10日(月),18日(月),25日(月)

9月17日(月・祝)★当日受付
◎特別展展示解説会4「担当学芸員がご案内する岡山の野鳥たちの今」
−開館35周年記念・第27回特別展「岡山の野鳥たち 〜むかし・いま・みらい〜」関連イベント−
 岡山の野鳥たちの現状をお話しします。
◆日時:2018年9月17日(月・祝)11時〜12時,14時〜15時
◆会場:自然史博物館地階3階特別展示室
◆講師:江田伸司(自然史博物館)
◆料金:通常料金



9月9日(日)
★当日受付
◎自然素材を使った手作り教室
 ドライフラワーや木の実,つるなどの自然素材を使った手作り作品を作ります。
◆日時:2018年9月9日(日)13時〜16時(受付13時〜15時30分)(毎月第2日曜日開催)
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:友の会との共催です。未就学の方は保護者同伴
◆参加費:無料


9月16日(日)★申込み受付中!
◎自然観察会「ミズアオイ観察会」(博物館第312回,友の会第561回)
 岡山県下で唯一のミズアオイ自生地で,今年も皆様に愛らしい花を観察して頂こうと関係者が保護活動を続けています。
ミズアオイが次の世代に生き続けていくために,愛らしい花にも不思議な構造を持っている姿を観察します。併せて,横を流れる倉敷川水生生物の観察も行います。
◆日時:2018年9月16日(日)10時〜12時(受付9時30分〜10時)
◆観察場所:倉敷市加須山 小瀬戸橋下流東側河川敷
◆集合場所:同上
◆講師:榎本敬,狩山俊悟,坂本明弘,友の会幹事 ほか
◆駐車場:藤原車輌さんの駐車場(現地道路向かい側)

◆持参品:飲料水,筆記用具,採集・観察用具(昆虫採集用網,ルーペなど),長靴(自生地に入る方),自己分の救急用品,雨具 など
◆申込み:9月15日(土)までに,電話・FAX・郵便などで自然史博物館まで
小学生以下の方は必ず全時間帯を保護者同伴でお願いします。
電子申請もできます。http://www2.city.kurashiki.okayama.jp/musnat/event.html
◆主催:倉敷市・倉敷市立自然史博物館友の会
◆後援:岡山県・倉敷の自然をまもる会
◆備考:雨天決行。ただし倉敷地域に警報発令があれば中止します。天候があやしい時には当日朝8時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。 
◆参加費:無料


9月23日(日)★当日受付
◎折り紙教室
 初心者からセミプロまで参加できる折り紙教室です。(毎月第4日曜日開催)
◆日時:2018年9月23日(日)9時30分〜16時
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学の方は保護者同伴
◆参加費:




10月のイベント
※申込みの都合上,一部イベントのみ先行掲載します。

10月6日(土)※9月6日(木)9時〜電話申込み
◎津黒のきのこ観察会(友の会第562回)
午前中,津黒いきものふれあいの里の園内を散策しながらきのこの解説を聞いたり,採集をしたりします。昼はきのこ名人の多久間さんが作る絶品のきのこ汁がふるまわれます。まとめは当日採集できたきのこの山を前に詳しい解説を聞きます。
◆日時:2018年10月6日(土)10時〜14時30分(受付9時30分〜10時)
◆観察場所:津黒いきものふれあいの里(真庭市蒜山下和1077)
◆集合場所:津黒いきものふれあいの里・ささゆり館

◆講師:柴田 靖(きのこアドバイザー),多久間稔(ささゆり館)
◆参加費:1,000円(昼食代・保険料を含む),小学生500円,幼児(4歳以上)300円
◆持参品・服装:筆記用具,観察・採集用具(スコップ,紙袋10枚程度,新聞紙,ルーペ等),軍手,飲み物,マイ箸,雨具,救急用品など。長袖長ズボン,歩きやすい靴(できれば登山靴や長靴などしっかりしたもの)で。
◆定員:申込み先着の20名
◆申込み:9月6日(木)9時〜30日(日)17時までに電話で自然史博物館へ
◆交通案内:適当な公共交通機関がありません。自家用車等をご利用ください。岡山方面からは,米子自動車道湯原ICから国道313号線を北(蒜山方面)へ向かい,新熊居トンネル・中和トンネルを通過した先にある交差点(感知式信号あり)を右折,国道482号を三朝方面へ約5km道なりに進むと右側に津黒高原の看板があるので,その交差点を右折し,「津黒高原荘」方面に向かいます。
◆共催:倉敷市立自然史博物館友の会,津黒いきものふれあいの里,岡山きのこ研究会
◆備考:少雨決行。ただし,警報発令時は中止。天候があやしい場合は当日朝7時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。トイレは集合場所にあります。採集したきのこは持ち帰りできませんので,あらかじめご了承ください。



毎日やっています
博物館に行ってやってみよう!

開館日はいつも
きょうりゅうぬりえ・きょうりゅうおえかき
 ティラノサウルスやトリケラトプスなど人気の恐竜ぬりえや,お絵かきができます。どんな色だったのか想像してぬってみよう!
◆日時:開館日の9時〜17時15分
◆会場:自然史博物館2階エレベーター前
◆申込み:不要
◆参加費:観覧料(くわしくは博物館ご利用案内ページをご覧ください)

開館日はいつも

観察
スケッチぬりえ「自然派のたしなみ」
 観察画に色ぬりができます。テーマはトップページのお知らせをご確認ください。
◆日時:開館日の9時〜17時15分
◆会場:自然史博物館2階エレベーター前
◆申込み:不要
◆参加費:観覧料(くわしくは博物館ご利用案内ページをご覧ください)




その他参加できるもの・募集
好きなものをみつけて,もっと深く知ろう!

博物館のお宝探検(植物・昆虫コース)
 自然史博物館には展示されていない標本を大切にしまっておく標本収蔵庫という特別な部屋があります。自由に立ち入ることはできませんが数々の貴重なお宝を保管している部屋の見学をご希望の方は各担当までご予約ください。

ボランティア募集中
 倉敷市立自然史博物館では,各種ボランティアを募集しています。くわしくはタイトル文字リンク先ボランティア募集ページをご覧ください。

水生昆虫募集
 自然史博物館1階のミニ水族館では岡山県内で採集された水生昆虫を飼育しています。えさとなる小魚や小昆虫も歓迎します。連絡は奥島まで電話かメールでお願いします。




倉敷市立自然史博物館
住所:岡山県倉敷市中央2−6−1
電話:086-425-6037
FAX:086-425-6038
Email:musnat@city.kurashiki.okayama.jp
※電子申請で申込みできる行事のみご利用ください
行事申込電子申請パソコン・スマートフォン:
http://s-kantan.com/city-kurashiki-okayama-u/offer/offerList_detail.action?tempSeq=210
行事申込携帯用:http://s-kantan.com/city-kurashiki-okayama-k/offer/offerListMobile_detail.action?tempSeq=210


[戻る] [博物館のホームページ] [友の会のホームページ]

Copyright ©1997- Kurashiki Museum of Natural History.All Rights Reserved.