博 物館のホームページへ] [友の会の ホー ムページへ 戻る 

      倉敷市の化石
 化石は大昔の生物の遺体などが,れき・砂・泥などにとじ込められて固まったもので,それらがたい積してできた地層 から見つかります。市内にはマグマが冷えて固まってできた火成岩が広く分布し,化石の産出は多くありません。陸からは加須山真備町上二万から いくらかの化石が産出しました。
 意外にも,倉敷市からは,陸よりも,下津井沖の備讃瀬戸海底から 多くの化石が産出します。
ナウマン象化石の産状
ナウマン象化石の産状
備讃瀬戸沖の海底の れき岩に含まれているナウマンゾウの化石
(左:切歯(キバ)/写真幅30cm,右:臼歯/写真幅30cm)

 備讃瀬戸海底には数万〜数10万年前 のれき岩や砂岩の地層があり,その中には瀬戸内海が陸地であったその時代に生きていた多くのゾウ類(ナウマンゾウトウヨウゾウ),シカ類スイギュウ類など の化石が含まれています。そして,海流でその海底の地層が削られ,洗い出されたそれらの化石が底引き網にかかって採取されることがあり,当館には市民の方 々から寄贈された1000点以上の標本が収蔵されています。
 まず,ゾウ類化石としては,ナウマンゾウとトウヨウゾウの化石が見つかっています。産出はナウマン ゾウのほうが,トウヨウゾウよりも圧倒的に多いです。

 ナウマンゾウは 絶滅したゾウの一種で,その名前は明治時代にゾウの化石を研究したドイツ人のエドモント・ナウマンに由来しています。日本には約25 万〜1万6000年前に生息していました。その化石は北海道から九州まで広く発見されており,かつて国内には全国的に広く生息していたものと考えられてい ます。森林や草原に生息し,植物の葉っぱを食べていました。成長すると肩までの高さが2.5m位になり,現在のアジアゾウと同じくらいの大きさでした。ナ ウマンゾウはもともと中国大陸に生息していたゾウですが,氷河期に大陸の気候が寒冷となったため,当時,大陸と陸続きであった,比較的,温かい日本に渡っ てきたと考えられています。
ナウマン象上顎臼歯
ナウマンゾウ(上顎の臼歯)/写真幅20cm
ナウマン象下顎臼歯
ナウマンゾウ(下顎の臼歯)/写真幅30cm
ナウマンゾウ頭蓋骨
ナウマンゾウ(頭蓋骨)/写真幅30cm
ナウマンゾウのキバ
ナウマンゾウ(牙:切歯)/写真幅40cm
ナウマン象の脚の骨
ナウマンゾウ(足の骨)/写真幅50cm
ナウマンゾウの背骨ナウマンゾウの背骨
ナウマンゾウ(背骨:脊椎骨)/写真幅20cm
 トウヨウゾウ(別名:ステゴドン)の化石はナウマンゾウの化石と区別が難しいの ですが,臼歯のすり合わせの面を見ると,ナウマンゾウは比較的平らなのに対し,トウヨウゾウは比較的デコボコしています。トウヨウゾウも絶滅したゾウで, 体格はナウマンゾウよりわずかに小さく,ナウマンゾウよりやや古い時代(約150万〜20万年前)に生きていたといわれています。
トウヨウゾウ臼歯
トウヨウゾウ(臼歯)/写真幅30cm
参考)マンモスもゾウの仲間ですが,全身に長い毛がびっ しりと生えており,キバも長く,ナウマンゾウよりも寒いところに住んでいました。7万〜4000年前にヨーロッパ,シベリア,北アメリカ,北海道に生息し ていたようです。したがって,マンモスの化石は瀬戸内海からは発見されていません。臼 歯にはナウマンゾウよりも細かい筋が多くあります。
マンモスの臼歯
マンモス(臼歯)/写真幅25cm(ポー ランド産
 シカ類の化石としてはニホ ンムカシジカグレイ氏カトウキヨマサジカカズサジカなどが発見されています。これらはすべて絶滅した種で,角以外では区 別が難しいです。
カズサジカの角
カズサシカ(角)/写真幅20cm
グレイ氏カトウキヨマサジカ
グレイ氏カトウキヨマサジカ(角)/写真幅30cm
ニホンムカシジカの角
ニホンムカシ ジカ(角)/写真幅25cm
シカの脚の骨
シカ類(足の骨)/写真幅20cm
シカの顎の骨
シカ類(顎)/写真幅10cm
シカの頭骨
シカ類(頭蓋骨)/写真幅15cm
 また,これらのゾウ類やシカ類が生息していた時代には,スイギュウ類,マヤシフゾウ,サイ類な ども大陸から渡来し,今の瀬戸内海の地域に生息していたと考えられており,それらの化石も発見されています。
水牛の顎の骨
スイギュウ(テイルハルドスイギュウ:下顎の骨)/写真幅30cm      
水牛の脚の骨
スイギュウ(足の骨)/写真幅25cm
マヤシフゾウの角
マヤシフゾウ(角)/写真幅15cm   
マヤシフゾウの脚の骨
マヤシフゾウ(足の骨)/写真幅10cm
サイの脚の骨
サイ(足の骨)/写真幅40cm
イノシシの脚の骨
イノシシ(足の骨)/写真幅15cm


 
市内からは,備讃瀬戸海底以外では,陸域に小範囲に分布する地層から,工事などの際に,いくらかの化石が産出して います。

加須山からは,海生の貝類の化石が産出しました。これは1000万年以上前,中国地方の大部分 が浅い海であった時,海底でれきがたい積してできた地層から産出したものです。
マルフミガイ
二枚貝(マルフミガイ)/写真幅3cm
キリガイダマシ
巻貝(キリガイダマシ)/写真幅3cm
マツカサ
マツカサ(川から海へ流れ込んだもの)/写真幅5cm
真備町上二万では,広葉樹のほか,メタセコイアやコウヨウザンなどの針葉樹の植 物の化石が産出しました。これらは数10万年以上前,淡水中で泥がたい積してできた茶色の地層から産出したものです。
広葉樹の葉
広葉樹(葉)/写真幅4cm
コウヨウザンの葉
コウヨウザン(葉)/写真幅4cm
メタセコイア
メタセコイア(葉と球果(左上))/写真幅10cm