夏の天体観測の定番!ペルセウス座流星群(はじめに)

 毎年,お盆のころ(8月中旬)になると,「ペルセウス座流星群」の活動が活発になります。この流星群は毎年安定した活動を見せてくれるので,今年も多くの流星が期待できるでしょう。
 望遠鏡や双眼鏡のような機材を利用しなくても肉眼だけで楽しむことができるので,初心者の天体観測体験や小・中学生の自由研究の題材にも最適です。
 ほんの一瞬だけの輝きを見せ,夜空に吸い込まれるように消えていく流星。目にした者の心を放さない,美しくもはかない存在です。数ある流星群の中でも,最も華やかに出現するペルセウス座流星群を,ぜひみなさんもご体感ください。

ペルセウス座流星群 (2019年8月12日未明)

 少し雲は出たものの,天の川が見えるほどの好条件に恵まれた倉敷市内。ピークの前の晩,流星数は1時間あたり10個ほどでした。月が沈んだ午前2時過ぎ,くじら座の2等星ディフダ(デネブカイトス)のそばを,閃光を伴った明るい流星が流れました。12日深夜から13日早朝にかけての流星群のピークも楽しみです。
<同じ流星の動画(約6秒,8.1MB)>
撮影日時/2019年8月12日 午前2時19分
撮影場所/倉敷市児島

ペルセウス座流星群(合成) (2019年8月13日未明)

 日付が13日に変わってすぐ,北の空の北極星の近くに,ほんの数秒差で明るい流星が続けて流れました。このあと,明るい月が西に沈んでからは一気に流星の数が増え,午前3時からの1時間で約30個の流星を確認できました。

撮影日時/2019年8月13日 午前0時4分
撮影場所/美作市大芦高原

いきなりリンク集(参考になるページ)

【特集】2019年 ペルセウス座流星群・・・アストロアーツ社
 初心者にも分かりやすく天文情報を提供してくれているサイト。
 ペルセウス座流星群においても,情報の豊富さはおそらく日本一でしょう。

「基礎知識:流星群」・・・国立天文台
「ほしぞら情報2019年8月 ペルセウス座流星群が極大」・・・国立天文台
「夏の夜,流れ星を数えよう 2018」キャンペーン・・・国立天文台   ※8月11日現在,2018年版です。
 国立天文台が提供するペルセウス座流星群のページ。流星群の仕組みや観測方法が初心者にも分かりやすく書かれているほか,流れ星が見えた報告を募集する観測キャンペーンも展開。

まるせのぺーじ・・・瀬戸内地区流星観測者会
 おすすめ流星群の情報,および毎晩の見ることのできる流星数を予報した流星予報など。

「流星群情報」・・・流星電波観測国際プロジェクト
 流星群の電波観測のデータの集約に取り組むプロジェクトのページですが,眼視観測に必要な情報も充実しています。

日本火球ネットワーク・・・下田さんのページ
 火球(かきゅう:金星並みかそれ以上のきわめて明るい流星)の目撃情報を共有する掲示板を運営されています。