宇宙劇場(プラネタリウム・全天周映画)について

 ドーム径21m,座席数200席に加え,25度傾斜ドームを採用している宇宙劇場では,「プラネタリウム」「全天周映画」2種のプログラムを上演しています。
 プラネタリウムは,コンピュータ制御による高性能プラネタリウム・五藤光学製GSS-HELIOS(GSS・ヘリオス)が美しく忠実な星空を再現し,解説員による今晩の星座の肉声解説(前半)や,定期的に更新される様々な星や宇宙の話題(後半)をご紹介いたします。
 全天周映画は,プラネタリウム独特のドームスクリーンに巨大映画を映し出す大迫力の映像システムです。臨場感にあふれ,見るというより実際に私たちを映像の中に引き込んでしまうようなスリルと迫力をご体感ください。

プラネタリウム リニューアル工事中

 プラネタリウム機器更新工事のため,平成31年3月下旬までプラネタリウムおよび全天周映画の上映を休止します。なお,科学展示室は通常どおり営業します。