倉敷市立自然史博物館・友の会 催し物案内

28年度年間イベントカレンダーはこちら(PDFファイル)

なお,最新の開催要項は下の月間行事予定でご確認願います。お問い合わせは自然史博物館(TEL 086-425-6037)までお願いいたします。


平成28年6月の催し物

行事名の最後に「友の会行事」とあ るものは友の会主催行事です。

お申し込み・問い合わせは自然史博物館(TEL 086-425-6037)までどうぞ。

5月 の催し物]  [7月 の催し物]   [博物館のホー ムページ]  [友の会 のホームページ


6月の休館日:6日(月),13日(月),20日(月),27日(月)
臨時休館日 28日(火) 館内くん蒸のため

月29日(金・祝)〜6月19日(日) 特別展示「発掘された過去・現在・未来」−G7倉敷教育大臣会合応援事業・美術館ルネサンス事業−
 自然史博物館・市立美術館・科学センター・埋蔵文化財センター・市立図書館がそれぞれの視点でとらえた「過去」「現在」「未来」を一堂に展示します。科学おもちゃで遊んだり飛び出す絵本を読んだりできるコーナーもあります。
関連イベントも開催します。
当館からは,林原コレクションの中からティラノサウルス・恐竜の大たい骨・大型アンモナイト・プテラノドン・トリケラトプス頭骨など多数の化石を展示します。
◆会期:2016年4月29日(金・祝)〜6月19日(日)
◆開館時間:9時〜17時15分(最終入館は16時45分)
◆会場:市立美術館1階エントランスホール・2階第2展示室
◆料金:一般:210円(150円),高大生:100円(70円),小中学生:50円(30円)(  )内は20名様以上の団体料金。いきいきパスポートまたは生徒手帳を提示した倉敷市内の小中学生,高梁川流域パスポートを提示した小学生(土日祝のみ),65歳以上の方,心身障がい者とその介護者1名は無料。

月16日(土)〜6月19日(日) 特別陳列「新着資料―近藤光宏昆虫コレクション展」
 昨年,当館に寄贈された近藤光宏(こんどうてるひろ)氏の収集された昆虫標本コレクション約1万5千点を一堂に展示公開します。昭和から平成にかけて,主として岡山県界隈で採集された標本が並びます。
◆会期:2016年4月16日(土)〜6月19日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金

月16日(土)〜6月19日(日) 特別陳列「おりがみ昆虫展 Origami Insects」
 日本文化と自然史のコラボが実現!若手折り紙作家江頭聖大(えがしらまさひろ)氏の昆虫を題材としたオリジナル作品十数点を展示。あわせてモデルとなった昆虫の実物標本も展示します。
◆会期:2016年4月16日(土)〜6月19日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆展示作品: カブトムシ/オオクワガタ/カミキリムシ/ジョウカイボン/アゲハ/チョウトンボ/ナナフシモドキ/タガメ/ノコギリクワガタ/ミヤマクワガタ/トノサマバッタ/オオカマキリ/サトジガバチなど

月5日(日) 自然素材で恐竜作り
※定員に達しました。

 木の実,つるなどの自然素材を使って恐竜を作ります。
◆日時:2016年6月5日(日)13時〜16時(受付12時30分〜13時)
◆場所:自然史博物館地階講義室
◆講師:武田満子・可兒義朗・木村浩子・門井政勝・野島淑子(倉敷市立自然史博物館友の会)
◆申込み:5月21日(土)9時〜6月4日(土)17時までに電話で自然史博物館へ
◆定員:先着40名(小学校以下は保護者同伴。保護者の方も製作される場合は申込みが必要です)
◆持参品:ラジオペンチ

6月11日(土) 博物館講座「昆虫おりがみ教室」
 ちょっと本格的な昆虫おりがみ「アオスジアゲハ」に挑戦してみましょう。「おりがみ昆虫展」の作者がやさしく教えてくれます。
◆日時:2016年6月11日(土)
午前の部:10時〜11時30分(受付9時30分〜10時)
午後の部:14時〜15時30分(受付13時30分〜14時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:江頭聖大(折り紙作家)
◆申込み・定員:6月10日(金)までに電話で自然史博物館まで。ただし,各回申込み順先着36名,両方の回へのお申込みはできません。小学生以下は保護者同伴でお申込みください。
◆参加費:通常観覧料金(展示室でのトークを含みます)
◆持参品:折り紙(1辺15cm以上のものがおすすめ)
◆備考:今回は友の会と共催です。

6月12日(日) 「恐竜のアクセサリー作り2」 ※定員に達しました。
 −特別展示「発掘された過去・現在・未来」関連イベント−
恐竜のアクセサリー(ストラップ・マグネット・ブローチなど)を作りましょう。特殊な粘土を成形・焼成・着色して作ります。
◆日時:2016年6月12日(日)10時30分〜16時30分(受付10時〜10時30分)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:三木国弘(日本野鳥の会岡山県支部)
◆申込み:6月4日(土)9時〜6月11日(土)17時までに電話で自然史博物館へ
◆定員:先着30名(小学生以下は保護者同伴。保護者の方も製作される場合は申込みが必要です)
◆持参品:絵筆,手ふきタオル,昼食(弁当持参または外食),飲料水など。

月25日(土) 自然観察会「ナゴヤダルマガエルとその環境をみよう(ナゴヤダルマガエル観察会18)(友の会行事)
 環境省ならびに岡山県版レッドデータブックに記載され,絶滅が心配されるナゴヤダルマガエルの観察会も今年で18回を迎えました。このカエルの生息地である真備町の田園地域は環境省が選定した「生物多様性保全上重要な里地里山」となっています。今回はカエルだけでなくそこに見られる昆虫や植物も観察し,ナゴヤダルマガエルの生息環境を色々な角度から見てみましょう。
◆日時:2016年6月25日(土)10時00分〜12時00分(受付9時30分〜)
◆観察場所:倉敷市真備町辻田
◆集合場所:同上 JA岡山西真備東支店駐車場
◆講師:伊藤邦夫,狩山俊悟,奥島雄一
◆交通案内:運賃など,ご利用の際はご確認ください。(JR倉敷駅086-422-0249,清音駅0866-94-0102)。
     倉敷駅   JR伯備線   清音駅   井原鉄道   川辺宿駅
             200円             210円
(行き)8時38分   →   8時45分  8時48分   →    8時51分
(帰り)13時35分   ←   13時29分 13時24分    ←   13時21分
 川辺宿駅から集合場所までは徒歩(約1.1km)です。川辺宿駅前から水路沿いにある「金田一耕助ミステリー遊歩道」の案内に従って進んでください。途中あずまやの所を右折です。自家用車の方は旧486号の川辺交番西交差点と川辺バイパス西交差点との間にある信号機のないT字路をお入りください。T字路の所に友の会の水色のぼり旗を立てておきますので目印にしてください。カーナビ利用は機種によって間違った場所を案内される場合がありますのでご注意ください。自家用車利用の場合は集合場所に駐車できます。
◆持参品:長靴・トレッキングシューズなど(サンダルなど素肌が出るものは不可),筆記用具,観察採集用具(カエルは採集しません),虫除け,あれば倉敷市発行の冊子「くらしきの両生類」,雨具,救急用品など。
◆申込み:前日までに電話(086-425-6037)・電子申請(こちらから)・Fax(086-425-6038)などで友の会事務局へ。
◆備考:カエルの採集はしません。小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。現地にトイレはありません。小雨決行。ただし,大雨時・警報発令時は中止します。天候があやしい場合は当日7時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。履物によっては参加をお断りする場合があります。この観察会は博物館と共催です。また岡山県生涯学習センターの連携講座になっています。

6月26日(日) 自然観察会「おかやま自然探訪50」
 岡山県内の合併前の旧市町村を巡回するシリーズ観察会です。今回は美作市(旧作東町域)へおじゃまして里山を歩きながら,岩石・鉱物・植物・昆虫・動物などを観察・採集します。
◆日時:2016年6月26日(日)10時30分〜14時30分(受付10時〜10時30分)
◆観察場所:美作市日指(ひさし)
◆集合場所:美作市江見945 バレンタインパーク作東グラウンド東端駐車場
◆講師:自然史博物館学芸員ほか
◆持参品:筆記用具,観察用具,昼食・飲料水,雨具,救急用品など。防虫対策と熱中症予防対策をお願いします。
◆申込み:6月25日(土)17時までに電話・ファックス・ハガキ・電子申請(こちらから)などで自然史博物館へ。小学生以下の方は保護者同伴で申込んでください。
◆交通案内:今回は公共交通機関の便が良くないので自家用車などでご参加ください。集合場所に駐車できます。中国自動車道作東ICを降りて右折,「バレンタインパーク作東」を目指してください。作東ICから約2km。
◆備考:雨天決行。ただし警報発令時などは中止します。天候があやしい場合は,当日朝8時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。トイレは現地にあります。今回は自然史博物館友の会と共催です。この観察会は岡山県生涯学習大学連携講座です。

月26日(日) 折り紙教室
 初心者から参加できる折り紙教室です。参加費は無料です。
◆時間:2016年6月26日(日)9時30分〜16時
◆場所:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で。
◆備考:未就学のお子様は保護者同伴でご参加ください。

■新刊のお知らせ
★倉敷市立自然史博物館研究報告第31号
 2016年3月25日発行,A4判,74ページ,本文オールカラー,1部972円(税込み)。博物館受付で販売するほか,郵送の取り扱いも行います。郵送ご希望の方は在庫確認ののち次のとおりお振り込みください(送料着払い)。
郵便振替(振替用紙は郵便局に備え付けのものをご利用ください)
◆口座番号:01340-7-100921
◆加入者名:倉敷市立自然史博物館
◆送金金額:1冊あたり,972円
◆備考:通信欄には「『研究報告31号』希望」とご記入ください。お問い合わせは,博物館(電話:086-425-6037,メール:musnat@city.kurashiki.okayama.jp)へお願いします。
 以下の報文を掲載しています。
狩山俊悟・地職 恵・柴田加奈・片岡博行:岡山県に産するキク科タンポポ属の分布と生育環境,1-18ページ.
[ノート]
狩山俊悟:岡山県植物誌資料(15) 岡山県のグミ科,19-33.
[短報]
松本吏樹郎・松本舞子:岡山県におけるヒメウスバカゲロウの最近の記録(アミメカゲロウ目,ウスバカゲロウ科),35-36.
鶴崎展巨・奥島雄一:アマミサソリモドキの岡山県への移入例(クモガタ綱,サソリモドキ目,サソリモドキ科),37-38.
奥島雄一:岡山県で新たに採集された外国産カブトムシ2種(コウチュウ目,コガネムシ科),39-40.

■博物館のお宝探検(植物・昆虫コース)
 自然史博物館には展示されていない標本を大切にしまっておく標本収蔵庫という特別な部屋があります。自由に立ち入ることはできませんが数々の貴重なお宝を保管している部屋の見学をご希望の方は各担当までご予約ください。

「倉敷まちかど博物館」設置施設募集中!
 倉敷市立自然史博物館では,市民・観光客の自然や環境への興味を高めると同時に,街全体の活性化を目指す目的で「倉敷まちかど博物館」の貸し出しを行っています。
当館が所蔵する岩石・鉱物・化石・植物・昆虫・動物などの本物の標本を活用した60台の展示ユニットを公共施設,学校,幼稚園,保育園,観光施設,宿泊施設,商店,病院など,公共性の高い施設または市民や観光客らが集う施設を対象として無料で貸し出して展示していただきます。市外のご利用も可能になりました。
「倉敷まちかど博物館」のご利用,展示内容,展示場所など詳細はホームページをご覧いただくか,自然史博物館までお問い合わせください。

■学校等への地学標本の貸出のご案内
 倉敷市立自然史博物館では学校等への貸出用鉱物標本を3セット準備しています。
 種類は,金銀鉱石,銅鉱(黄銅鉱),鉛鉱(方鉛鉱),亜鉛鉱(閃亜鉛鉱),鉄鉱(磁鉄鉱・赤鉄鉱),コバルト鉱(輝コバルト鉱),ニッケル鉱(ケイニッケル鉱),クロム鉱(クロム鉄鉱),マンガン鉱(バラ輝石・軟マンガン鉱),スズ鉱(スズ石),モリブデン鉱(輝水鉛鉱),タングステン鉱(鉄マンガン重石・灰重石),チタン鉱(チタン鉄鉱),リチウム鉱(リチア雲母),マグネシウム鉱(ドロマイト),アルミニウム鉱(ボーキサイト),アンチモン鉱(輝安鉱),イオウ鉱(黄鉄鉱),ケイ石(石英),石灰石(石灰岩),窯業原料(ろう石・アルカリ長石)の計21種です。
 ご利用希望の場合,倉敷市立自然史博物館(電話086-425-6037,または,メール mustake@city.kurashiki.okayama.jp 担当:武智)までご予約ください。ご予約の際,学校など団体名・担当者・連絡先(電話番号)・セット数・貸出期間(貸出日・返却予定日)をお知らせください(※なお,すでに貸出予約されていることもあり,ご要望に沿えない場合があります。貸出期間は最長2週間までです)。
 ご予約後,ご利用になる場合は,倉敷市立自然史博物館の1階受付までお越しいただき,受付で標本を受け取ってください。返却の際は受付に返却してください。(※なお,返却予定日までには必ず返却していただきますようお願いいたします)。

■昆虫・動物分野ボランティアスタッフ募集
 自然史博物館の昆虫・動物分野のボランティアスタッフを募集しています。昆虫および動物(とくにせきつい動物)標本の作製・同定・整理・修復・研究,展示解説・案内,普及活動(講座・観察会補助)などの中からできることをできる範囲で博物館スタッフと相談しながら活動していただきます。来館にはボランティア用無料駐車場がご利用になれます。興味のある方は活動内容等について相談させていただきますので,メールまたは電話で奥島までご連絡ください。外国人の方も歓迎します。Foreign residents or students are welcome to the Kurashiki Museum of Natural History as volunteers, especially in the insect and animal section. If you are interested, please e-mail Mr. Yuichi Okushima to the address below.
メール:musoku@city.kurashiki.okayama.jp 電話:086-425-6037

■水生昆虫募集

 自然史博物館1階のミニ水族館では岡山県内で採集された水生昆虫を飼育しています。ゲンゴロウ,タガメ,タイコウチ,ミズカマキリ,マツモムシ,トンボのヤゴなどをお持ちいただければ幸いです。また,水生昆虫のえさとなる小魚や小昆虫も歓迎します。連絡は奥島まで電話(086-425-6037)かメール(musoku@city.kurashiki.okayama.jp)でお願いします。

■28年度友の会会員募集中
 入会すると,ニュースや会報の購読,観察・採集用具や書籍のあっせん,自然史博物館の無料入館,会員限定の自然観察会への参加などの特典があります。会費は個人会員2,000円,家族会員3,000円,賛助会員10,000円以上(4月〜翌年3月)です。自然史博物館受付や行事などで,いつでもどなたでも入会できます。詳細は自然史博物館内友の会事務局(電話086-425-6037)までお問い合わせください。



平成28年7月の催し物

行事名の最後に「友の会行事」とあ るものは友の会主催行事です。

お申し込み・問い合わせは自然史博物館(TEL 086-425-6037)までどうぞ。

5月 の催し物]  [6月 の催し物]   [博物館のホー ムページ]  [友の会 のホームページ


7月の休館日:4日(月),11日(月),19日(火),25日(月)

7月16日(土)〜11月3日(木・祝) 第25回特別展「金銀銅の自然史」
 世界遺産を含む世界・国内の金銀銅の鉱山から産した鉱石,岡山県内の金銅の鉱山からの鉱石を展示し,その自然界からの産出状態を紹介します。あわせて金銀銅の利用の歴史や貨幣についても紹介します。
◆会期:2016年7月16日(土)〜11月3日(木・祝)
◆会場:倉敷市立自然史博物館3階 特別展示室(倉敷市中央2−6−1)
◆主催:倉敷市立自然史博物館
◆共催:倉敷市立自然史博物館友の会
◆観覧料:一般150円(100円),大学生50円(30円)。( )内は20名様以上の団体料金。高校生以下・65歳以上は無料。
※展示内容など詳しくはぜひ特別展ページもご覧ください。

7月3日(日) 自然観察会「干潟の生物の観察会」(友の会行事)
 昨年に続き干潟の生物の観察会を企画しました。水島コンビナートの南の児島の通生(かよう)海岸の干潟です。ここは南北を磯に囲まれた内湾の干潟で,湾内にはアマモ場もあります。
◆日時:2016年7月3日(日)14時〜16時30分(受付13時30分)
◆観察場所:倉敷市児島通生の干潟
◆集合場所:倉敷市児島通生の海岸

◆講師:友の会幹事ほか
◆服装:帽子,長袖シャツ,長ズボン,長靴またはそのまま水に入ってもよい運動靴(はだしやビーチサンダルで干潟に入るのは不可。ケガをする可能性が高い),替えの靴,軍手。
◆持参品:筆記用具,観察用具,飲料水,雨具,救急用品など。
◆申込み:6月30日(木)までに電話(086-425-6037)・ファックス・ハガキなどで自然史博物館(友の会事務局)へ。電子申請(こちらから)も利用できます。
小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。
◆交通案内:倉敷からの行き:倉敷駅下電バス乗り場,塩生経由JR児島駅D番13時00分→通生辻浜13時41分。児島からの行き:JR児島駅@番13時00分→(下電バス,塩生・大高経由倉敷駅)→通生辻浜13時12分。
倉敷への帰り: 通生辻浜17時12分→(下電バス,塩生・大高経由)倉敷駅C番。児島への帰り:通生辻浜16時55分→(下電バス)JR児島駅。
車では,通生浜の交差点から海側へ。
◆備考:小雨決行。ただし大雨や強風波浪の場合は中止します。天候があやしい場合は「当日の9時以降」,友の会携帯電話(090-8242-3896)にお問い合わせください。なお生物の持ち帰りはできません。この観察会は倉敷市環境学習センターと共催で,岡山県生涯学習センターの連携講座です。

7月16日(土) 自然観察会「ブッポウソウ巣立ち観察会」
 ブッポウソウは7月下旬ころに巣立ちの時期を迎えます。巣箱架設による保護活動が行われている吉備中央町ほかを貸切バスで訪ねます。運が良ければ巣立ちの瞬間に出会えるかもしれません。
◆日時:2016年7月16日(土)8時〜17時頃(受付8時30分〜8時)
◆観察場所:吉備中央町・高梁市
◆集合場所:倉敷市役所東側駐車場(派出所横を北へ入り東側),または倉敷駅前(西ビルの市営駐車場前臨時バス昇降場所)。
◆受付時間:倉敷市役所東側駐車場:7時30分〜7時40分,倉敷駅前:7時50分〜8時。
◆講師:黒田聖子・丸山健司(日本野鳥の会岡山県支部),江田伸司(自然史博物館)ほか
◆持参品:筆記用具,あれば観察用具(双眼鏡・野鳥図鑑など),昼食・飲料水,雨具,救急用品など。双眼鏡の貸出がありますので,申込み時に予約してください。熱中症予防対策をお願いします。
◆定員:先着24名
◆申込み:7月9日(土)9時から7月15日(金)17時までの間に電話で自然史博物館(086−425−6037)へ申込んでください。1組2名以内とし,中学生以下の方は保護者同伴で申込んでください。なお,キャンセルの場合は必ず電話連絡してください。
◆参加費:無料
◆交通案内:倉敷駅への電車は,岡山方面からは山陽本線の7時50分着,笠岡方面からは山陽本線の7時53分着,総社方面からは伯備線の7時45分着があります。ダイヤ改正の可能性がありますので,事前にご確認ください。自家用車の場合は倉敷市役所駐車場に駐車できます。
◆備考:小雨決行。ただし大雨や警報発令時などは中止します。天候があやしい場合は,「当日の7時以降」に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。日本野鳥の会岡山県支部・自然史博物館友の会・倉敷市環境学習センターと共催です。この観察会は岡山県生涯学習大学連携講座です。なお,野生の動物なので,観察会開催中に観察できないこともあります。

7月23日(土) 博物館講座「昆虫の採集方法と標本作り」
 昆虫採集の道具の使い方やマル秘テクニック,一般的な昆虫標本の作り方について,室内実習を通して解説します。
◆日時:2016年7月23日(土)10時〜14時(受付9時30分〜10時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:奥島雄一・神田佐奈恵(自然史博物館)・むしむし探検隊有志
◆申込み・定員:7月22日(金)までに電話で自然史博物館まで(付き添いの方も同席される場合は申込みが必要です)ただし,申込み順先着60名。
◆持参品:昼食・飲み物,標本にする昆虫数種類(捕まえた虫は当日まで冷凍保存してください),テキスト「自然観察のてびき」,昆虫針,まち針数十本,先のとがったピンセット,ハサミ,木工用ボンド,展足板,展翅板,展翅テープ,ティッシュ,筆記用具など。用意できないものは講座の時はお貸しできるものもありますが,持ち帰りはできません。
◆備考:「自然観察のてびき」(463円)は当日販売します。採集用具・標本作製用具もあっせんします(友の会会員の方は会員証をお持ちください)。友の会と共催です。当日は倉敷天領夏祭り開催のため,最寄りの「市営中央」駐車場が利用できません。お車でお越しの方は約200m南の「芸文館地下」駐車場などをご利用ください。

7月24日(日) 自然観察会「夏だ!昆虫採集」
 身近な自然の中でできる昆虫採集を体験します。昆虫の生態や探すポイント,採集方法についても伝授します。自然相手なので,何が採れるかは参加してのお楽しみ!
◆日時:2016年7月24日(日)10時30分〜15時(受付10時〜10時30分)
◆観察場所:倉敷市曽原 倉敷美しい森
◆集合場所:同上
◆講師:奥島雄一(自然史博物館),むしむし探検隊有志
◆持参品:筆記用具,観察・採集用具,あれば「自然観察のてびき」,昼食(腐りにくいもの)・飲料水,雨具,救急用品など。防虫対策と熱中症予防対策をお願いします。
◆申込み:7月23日(土)17時までに電話・ファックス・ハガキ・電子申請(こちらから)などで自然史博物館へ。小学生以下の方は保護者同伴で申込んでください。
◆交通案内:倉敷方面から自家用車の方は,県道22号を南下,「粒江小東」交差点を直進し,約5kmで「倉敷美しい森」案内看板を右折。高速道路ご利用の場合は瀬戸中央道水島ICから水島方面へ出て,すぐの「水島インター西」交差点を倉敷方面へ右折,約1kmで案内看板を左折。集合場所付近へ駐車できます。
 公共交通機関をご利用の方は,JR瀬戸大橋線植松駅よりタクシーをご利用ください。植松駅から集合場所までは約4kmです。
◆備考:雨天決行。ただし警報発令時などは中止します。天候があやしい場合は,当日朝8時30分以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)または自然史博物館(086-425-6037)までお問い合わせください。現地にトイレはあります。当日,「自然観察のてびき」(463円)・採集用具はあっせんします(友の会会員の方は会員証をお持ちください)。今回は自然史博物館友の会と共催です。この観察会は岡山県生涯学習大学連携講座です。

7月24日(日) 博物館講座「植物の採集方法と標本作り」
 植物の一般的な採集と標本作りの方法について,実習を交えながら解説します。
◆日時:2016年7月24日(日)10時〜12時(受付9時45分〜10時)
◆会場:自然史博物館地階講義室
◆講師:狩山俊悟(自然史博物館)
◆定員:先着50名程度
◆申込み:7月23日(土)までに電話で自然史博物館まで(付き添いの方も同席される場合は申込みが必要です)
◆持参品:身近な雑草約5種類(練習用,たくさん持参されても標本にする時間がありません),古新聞約10日分,筆記用具,あれば「自然観察のてびき」
◆備考:テキストは自然史博物館発行の「自然観察のてびき」(463円)を使用します。お持ちでない場合,当日お求めいただけます。ほかに植物標本台紙,参考図書などのあっせんもあります。今回は友の会と共催です。

7月24日(日) 折り紙教室
 初心者から参加できる折り紙教室です。参加費は無料です。
◆時間:2016年7月24日(日)9時30分〜16時
◆会場:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で。
◆備考:未就学のお子様は保護者同伴でご参加ください。



平成28年5月の催し物

行事名の最後に「友の会行事」とあ るものは友の会主催行事です。

お申し込み・問い合わせは自然史博物館(TEL 086-425-6037)までどうぞ。

6月 の催し物]  [7月 の催し物]   [博物館のホー ムページ]  [友の会 のホームページ] 


5月の休館日:2日(月),9日(月),16日(月),23日(月),30日(月)


4月29日(金・祝)〜6月19日(日) 特別展示「発掘された過去・現在・未来」−G7倉敷教育大臣会合応援事業・美術館ルネサンス事業−
 自然史博物館・市立美術館・科学センター・埋蔵文化財センター・市立図書館がそれぞれの視点でとらえた「過去」「現在」「未来」を一堂に展示します。科学おもちゃで遊んだり飛び出す絵本を読んだりできるコーナーもあります。
関連イベントも開催します。
当館からは,林原コレクションの中からティラノサウルス・恐竜の大たい骨・大型アンモナイト・プテラノドン・トリケラトプス頭骨など多数の化石を展示します。
◆会期:4月29日(金・祝)〜6月19日(日)
◆開館時間:9時〜17時15分(最終入館は16時45分)
◆会場:市立美術館1階エントランスホール・2階第2展示室
◆料金:一般:210円(150円),高大生:100円(70円),小中生:50円(30円)(  )内は20名様以上の団体料金。倉敷市内の小中学生はいきいきパスポートまたは生徒手帳の提示で無料,高梁川流域パスポートを提示した小学生は無料(平日を除く),65歳以上の方,心身障がい者とその介護者1名は無料。

4月16日(土)〜6月19日(日) 特別陳列「新着資料―近藤光宏昆虫コレクション展」
 昨年,当館に寄贈された近藤光宏(こんどうてるひろ)氏の収集された昆虫標本コレクション約1万3千点を一堂に展示公開します。昭和から平成にかけて,主として岡山県界隈で採集された標本が並びます。
◆会期:4月16日(土)〜6月19日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金

4月16日(土)〜6月19日(日) 特別陳列「おりがみ昆虫展 Origami Insects」
 日本文化と自然史のコラボが実現! 若手折り紙作家江頭聖大(えがしらまさひろ)氏の昆虫を題材としたオリジナル作品十数点を展示。あわせてモデルとなった昆虫の実物標本も展示します。
◆会期:4月16日(土)〜6月19日(日)
◆会場:自然史博物館3階特別展示室
◆料金:通常料金
◆展示作品: カブトムシ/オオクワガタ/カミキリムシ/ジョウカイボン/アゲハ/チョウトンボ/ナナフシモドキ/タガメ/ノコギリクワガタ/ミヤマクワガタ/トノサマバッタ/カマキリ/ジガバチなど
◆関連行事:博物館講座「昆虫おりがみ教室」6月11日(土)。詳細は「6月のお知らせ」をご覧ください。

5月5日(日) こどもの日は無料開放日
 自然史博物館では5月5日(こどもの日)と11月3日(文化の日・当館の開館記念日)を入館無料としています。お誘い合わせのうえご来館ください。
◆会期:5月5日(木・祝)9時〜17時15分

5月3日(火・祝),5日(木・祝) 特別企画「春の自然史ワークショップ」
 昆虫標本・缶バッジ・しおり作り,カブトムシの幼虫プレゼントなど何があるかはお楽しみ!(一部有料) 
※数に限りがありますのでなくなり次第終了。
◆日時:5月3日(火・祝),5日(木・祝)各日10時〜12時,13時〜15時
◆場所:自然史博物館(2階連絡室,2階第3展示室,地階講義室)

5月5日(木・祝) ティラノサウルスを描こう!
 −特別展示「発掘された過去・現在・未来」関連イベント−
ティラノサウルス全身骨格標本を見て,自由に描きましょう。生きている姿を想像して描いてもかまいません。作品は特別展示会期中,会場に展示します。
◆日時:5月5日(木・祝)10時〜16時(受付9時30分〜10時)
◆場所:倉敷市立美術館1階エントランスホール
◆申込み:4月9日(土)9時〜5月4日(水)17時までに電話で自然史博物館へ
◆定員:先着20名程度(小学生以上。小学生の方は保護者同伴。保護者の方も参加される場合は申込みが必要です)
◆持参品:希望する画材(絵具,絵筆,パレット,水彩用バケツ,画板,タオル,色鉛筆,クレヨン,コンテ),昼食(弁当持参または外食),飲料水など。
◆備考:当館では白画用紙(四・八つ切)のみ用意します。その他の用紙に描きたい場合はご持参ください。

5月22日(日) 折り紙教室
 初心者から参加できる折り紙教室です。参加費は無料です。
◆開催日:5月22日(日)
◆時間:9時30分〜16時
◆場所:自然史博物館1階学習コーナー
◆申込み:当日,行事受付で
◆備考:未就学のお子様は保護者同伴でご参加ください。

5月22日(日) 自然観察会「おかやま自然探訪49」
 岡山県内の合併前の旧市町村をひとつひとつ訪ねるシリーズ観察会の第49弾です。
今回は旧加茂川町へおじゃまして岩石・植物・昆虫・動物などを観察します。
◆日時:5月22日(日)10時〜14時(受付9時30分〜10時)
◆観察場所:吉備中央町高富
◆集合場所:同上 化氣(けぎ)神社駐車場
◆講師:自然史博物館学芸員ほか
◆持参品:筆記用具,観察用具,昼食・飲料水,雨具,救急用品など
◆申込み:5月21日(土)17時までに電話・ファックス・ハガキ・電子申請(こちらから)などで自然史博物館へ。中学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。
◆交通案内:今回は公共交通機関の便が良くないので自家用車などでご参加ください。集合場所の神社の駐車場をお借りしていますので、ここに駐車できます。
◆備考:雨天決行。ただし警報発令時などは中止します。天候があやしい場合は,当日朝8時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。トイレは神社にあります。今回は自然史博物館友の会と共催です。この観察会は岡山県生涯学習大学連携講座です。

5月28日(土) 植物教室「探鳥コースの樹木をみる会」−第3回−
 倉敷市では,市内12か所に探鳥コースを設定しています。今回は由加山コースの一部を歩き,コース沿いに見られる樹木を1本ずつ観察,記録していきます。
◆日時:5月28日(土)10時〜12時
◆観察場所:倉敷市児島由加 由加山コース
◆講師:狩山俊悟(自然史博物館)
◆集合場所:倉敷市児島由加 琴浦北小学校東側の駐車場
◆交通案内:集合場所までの適当な公共交通機関はありません。児島駅などからタクシー利用になります。
◆持参品:筆記用具,雨具,救急用品,あれば樹木図鑑など
◆申込み:5月27日(金)までに電話・ファックス・ハガキなどで自然史博物館へ。電子申請(こちらから)も利用できます。
◆備考:小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。雨天決行。ただし警報発令時は中止します。天気があやしい場合は当日朝8時30分以降に自然史博物館(086-425-6037)までお問い合わせください。

5月29日(日) 動物研究会「第6回魚類調査」
 里見川で6回目の魚類調査を行います。「里見川淡水魚類目録」を作成していきます。
◆日時:5月29日(日)10時〜11時30分(受付9時50分〜10時)
◆観察場所:浅口市金光町八重
◆集合場所:同上 金光スポーツ公園の駐車場(北緯34°32′30″,東経133°38′05″,WGS84)
里見川に架かる新八重橋を渡ると北側に公園のグランドが見えます。金光下水浄化センターの西側です。テニスコートのあるところではありません。
◆講師:江田伸司(自然史博物館)ほか
◆持参品:筆記用具,魚とり用の網,バケツ,飲料水,雨具など。
服装は長そで・長ズボン・帽子・軍手,長ぐつ・使い古しの運動ぐつ・ウエーダーなど。タオルと着替え(くつも)を持参してください。熱中症防止対策をお願いします。
◆申込み:5月28日(土)17時までに電話・ファックス・はがき・電子メール・電子申請(こちらから)などで自然史博物館へ。
◆備考:小雨決行。ただし,大雨時・増水時・警報発令時は中止します。天候が怪しい場合は当日8時30分以降に自然史博物館(086-425-6037)までお問い合わせください。中学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。友の会と共催です。

月29日(日) 自然観察会「スゲ観察会」(友の会行事)
 今回の観察場所も,その地名に「スゲ」の文字を戴いた菅生(スゴウ)です。古くからの地名ですのでどんなスゲ見られるか楽しみにしてください。
◆日時:5月29日(日)10時〜15時(受付9時30分〜10時)
◆集合場所:千屋ダム内駐車場(35°03′59″N; 133°27′55″E)世界測地系
◆講師:星野卓二・正木智美(岡山理科大学生物地球学部)
◆持参品:弁当,水筒,筆記用具,観察用具,雨具,救急用品など。毒虫などの防御のため,長靴,長袖シャツ,長ズボンなどを着用してください。
◆申込み:5月28日(土)までに電話(086-425-6037),ファックス(086-425-6038),ハガキなどで倉敷市立自然史博物館友の会事務局まで。電子申請も(こちらから)できます。
◆参加費:無料
◆後援:新見市教育委員会(申請中)
◆備考:小学生以下の方は保護者同伴でご参加ください。雨天決行。ただし,新見市に警報発令時は中止します。天候があやしい場合は,当日朝7時以降に友の会携帯電話(090-8242-3896)までお問い合わせください。この観察会は岡山県生涯学習大学連携講座です。

■博物館のお宝探検(植物・昆虫コース)
 自然史博物館には,展示されていない標本を大切にしまっておく標本収蔵庫という特別な部屋があります。自由に立ち入ることはできませんが,数々の貴重なお宝を保管している部屋の見学をご希望の方は各担当までご予約ください。

■「倉敷まちかど博物館」設置施設募集中!

 倉敷市立自然史博物館では,市民・観光客の自然や環境への興味を高めると同時に,街全体の活性化を目指す目的で「倉敷まちかど博物館」の貸し出しを行っています。
当館が所蔵する岩石・鉱物・化石・植物・昆虫・動物などの本物の標本を活用した60台の展示ユニットを公共施設,学校,幼稚園,保育園,観光施設,宿泊施設,商店,病院など,公共性の高い施設または市民や観光客らが集う施設を対象として無料で貸し出して展示していただきます。市外のご利用も可能になりました。
「倉敷まちかど博物館」のご利用,展示内容,展示場所など詳細はホームページをご覧いただくか,自然史博物館までお問い合わせください。

■学校等への地学標本の貸出のご案内
 倉敷市立自然史博物館では学校等への貸出用鉱物標本を3セット準備しています。
 種類は,金銀鉱石,銅鉱(黄銅鉱),鉛鉱(方鉛鉱),亜鉛鉱(閃亜鉛鉱),鉄鉱(磁鉄鉱・赤鉄鉱),コバルト鉱(輝コバルト鉱),ニッケル鉱(ケイニッケル鉱),クロム鉱(クロム鉄鉱),マンガン鉱(バラ輝石・軟マンガン鉱),スズ鉱(スズ石),モリブデン鉱(輝水鉛鉱),タングステン鉱(鉄マンガン重石・灰重石),チタン鉱(チタン鉄鉱),リチウム鉱(リチア雲母),マグネシウム鉱(ドロマイト),アルミニウム鉱(ボーキサイト),アンチモン鉱(輝安鉱),イオウ鉱(黄鉄鉱),ケイ石(石英),石灰石(石灰岩),窯業原料(ろう石・アルカリ長石)の計21種です。
 ご利用希望の場合,倉敷市立自然史博物館(電話086-425-6037,または,メール mustake@city.kurashiki.okayama.jp 担当:武智)までご予約ください。ご予約の際,学校など団体名・担当者・連絡先(電話番号)・セット数・貸出期間(貸出日・返却予定日)をお知らせください(※なお,すでに貸出予約されていることもあり,ご要望に沿えない場合があります。貸出期間は最長2週間までです)。
 ご予約後,ご利用になる場合は,倉敷市立自然史博物館の1階受付までお越しいただき,受付で標本を受け取ってください。返却の際は受付に返却してください。(※なお,返却予定日までには必ず返却していただきますようお願いいたします)。

■昆虫・動物分野ボランティアスタッフ募集

 自然史博物館の昆虫・動物分野のボランティアスタッフを募集しています。昆虫および動物(とくにせきつい動物)標本の作製・同定・整理・修復・研究,展示解説・案内,普及活動(講座・観察会補助)などの中からできることをできる範囲で博物館スタッフと相談しながら活動していただきます。来館にはボランティア用無料駐車場がご利用になれます。興味のある方は活動内容等について相談させていただきますので,メールまたは電話で奥島までご連絡ください。外国人の方も歓迎します。Foreign residents or students are welcome to the Kurashiki Museum of Natural History as volunteers, especially in the insect and animal section. If you are interested, please e-mail Mr. Yuichi Okushima to the address below.
メール:musoku@city.kurashiki.okayama.jp 電話:086-425-6037

■水生昆虫募集

 自然史博物館の昆虫・動物分野のボランティアスタッフを募集しています。昆虫および動物(とくにせきつい動物)標本の作製・同定・整理・修復・研究,展示解説・案内,普及活動(講座・観察会補助)などの中からできることをできる範囲で博物館スタッフと相談しながら活動していただきます。来館にはボランティア用無料駐車場がご利用になれます。興味のある方は活動内容等について相談させていただきますので,メールまたは電話で奥島までご連絡ください。外国人の方も歓迎します。Foreign residents or students are welcome to the Kurashiki Museum of Natural History as volunteers, especially in the insect and animal section. If you are interested, please e-mail Mr. Yuichi Okushima to the address below.
メール:musoku@city.kurashiki.okayama.jp 電話:086-425-6037



このページのトップへ] [博物館のホー ムペー ジ]  [友の会 のホームページ