プラネタリウム 上映プログラム

「今夜の星空解説」+「2018夏 火星大接近」(約50分)
平成30年7月13日(木)~9月2日(日)
上映開始時刻:火~日曜日 14:00 16:20
 赤く輝く火星は,古くから異様なものととらえられ,不吉な星とおそれられてきました。やがて望遠鏡による観測が始まり,四季があるなど火星が地球と似た性質をいくつか持つことが明らかになると,こんどは生命がいるかもしれない惑星として,人類が夢を描く存在となります。そして現在では,火星に続々と探査機が送り込まれ,その真実の姿が明らかになりつつあります。
 この夏,15年ぶりの大接近を迎える火星。火星の見え方や,火星の観測と探査の歴史についてご紹介します。

番組リーフレットを見る  

「今夜の星空解説」+「イヌの天文台長・チロ物語」(約50分)
平成30年7月14日(土)~9月2日(日)
上映開始時刻:火~日曜日 11:40
 福島県の星仲間たちが作った白河天体観測所。彼らの天体観測のかたわらには,いつも北海道犬チロがいました。鈴の付いた赤い首輪に白いふわふわの毛。星をながめるのが大好きなチロは,12年間白河天体観測所の天文台長を務めた,星仲間たちのアイドル犬です。
 チロが星空の下に駆け出すと,いつも素敵な“星の事件”がもちあがります。星を通じてたくさんの人々と心を通わせたチロ。星を愛し,チロを愛した飼い主の藤井さん。そして,星仲間たちの心の交流の物語です。
(2003年7月~10月に倉敷科学センターで上映した作品の再上映です)

番組リーフレットを見る  


全天周映画 上映プログラム

「ウォーキングwithダイナソー ~太古の地球へ~」(約45分)
平成30年7月20日(金)~9月2日(日)
上映開始時刻:火~日曜日 10:30,15:10
  舞台は7000万年前のアラスカ。草食恐竜パキリノサウルスの群れは,冬の到来とともに温暖な土地へと大移動を始めます。肉食恐竜の襲撃や厳しい大自然など,さまざまな障害を乗りこえ生きぬく恐竜たち。恐竜たちはどのような暮らしをし,どのように子育てし,どのように狩りをしたのか?!恐竜たちがさまざまな進化を遂げた,エキサイティングな太古の地球へ出発だ!
(2014年7月~2015年7月に倉敷科学センターで上映した作品の再上映です)

(C) BBC Worldwide Ltd. 2014

番組リーフレットを見る
 

「ライフ いのちをつなぐ物語」(約45分)
平成30年8月14日(火)~9月2日(日)
上映開始時刻:火~日曜日 12:50
  大きなゾウと大地を進み,小さなカエルと子を見つめ,クジラと海を駆け回る。“動物と同じ目線”にこだわって撮影された映像が描き出すのは,まっすぐに力強く生きる動物たちの姿。今まで見たことのない動物たちの息づかいまで聞こえてくるような映像に乗って,驚きの世界を体験しよう!
(2012年7月~2013年1月に倉敷科学センターで上映した作品の再上映です)

(C) BBC Earth Productions (LIFE) Limited MMXI. All Rights Reserved.