プラネタリウム 上映プログラム

「今夜の星空解説」+「見上げよう!未来の星空
~10万年後にタイムスリップ~」(約50分)
平成29年11月10日(金)~平成30年3月4日(日)
上映開始時刻:土日祝 14:00 16:20
 火~金 16:20
 太陽と同じように自ら光り輝く星のことを恒星といいます。「恒」には「いつも変わらない」という意味があり,惑星のような動きを見せない固定された星々ということでついた名前です。今から5000年前,夜空に輝く星(恒星)をつないで星座が生まれました。そして今でも星座は使われているので,星空のようすは永遠に変わらないように感じます。
 しかし,星座の歴史よりもうんと長い10万年後には,いったいどんな星空が広がっているのでしょうか― 星のならび方が変わったり,それまで輝いていた星が見えなくなったりすることがわかってきました。では,なぜ星空のようすが変わるのでしょう?タイムスリップをして未来の星空を見ながら,なぞを解き明かしていきましょう。

ナレーター 榊原 良子
企画 公益財団法人 大阪科学振興協会 / 大阪市立科学館
制作 五藤光学研究所

番組リーフレットを見る  

「今夜の星空解説」+「こまねこのクリスマス
~迷子になったプレゼント~」(約50分)
平成29年11月11日(土)~12月24日(日)
上映開始時刻:土日祝のみ 11:40
 山の上のおうちにおじいと暮らすこまちゃんは,ものづくりが大好きなこねこの女の子。クリスマスにパパとママに会えるのを楽しみにしているこまちゃんのもとに,2人からちょっと早いプレゼントが届きます。かわいいお人形に大喜びのこまちゃんでしたが,そこには「クリスマスには帰れない」と書かれた手紙も同封されていました。すっかり元気をなくしたこまちゃんに,友達のラジボーがある提案を持ちかけて・・・
 人形をひとコマひとコマ撮影する“こま撮り”アニメーション「こまねこ」が,プラネタリウムにやってきました。クリスマスを舞台に,こまちゃんと家族の絆をあたたかく描きます。 

原作・監督・キャラクターデザイン: 合田経郎
アニメーター: 峰岸裕和 大向とき子
プロデューサー: 松本紀子
エンディングテーマ曲 「 ぼくらのWinter Wonderland 」 : solita
公式サイト:http://komaneko.com/

製作:ドワーフ / ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント / アサツーディ・ケイ 
配給:五藤光学研究所
(c)TYO/dwarf・こまねこフィルムパートナーズ (c)アミ・ドゥ・こまねこ


全天周映画 上映プログラム

「ハッピークリスマス ~キャンドルマンの
素敵な魔法~」(約35分)
平成29年11月7日(火)~12月24日(日)
上映開始時刻:土日祝 10:30 15:10
 火~金 15:10
 吹雪で道に迷った姉弟が,ひょんなことからクリスマスをめぐる冒険へと出発します。二人がたどり着いたのは,光と魔法が広がる夢の世界。子どもたちがみんなベッドに入っている時間,クリスマスイブの夜だけに繰り広げられる秘密の光景。トナカイたちは空を駆け巡り,サンタクロースは子どもたちの靴下にプレゼントを入れて回ります。驚きのストップモーションアニメでお送りする,心温まる冬のファンタジーです。

(c) Cinema Group

番組リーフレットを見る
 

「月の魔法とサンゴの海 ~カルオカ’ヒナの大冒険~」
(約45分)
平成29年7月11日(火)~12月24日(日)
上映開始時刻:土日祝 12:50
 さまざまな生命が息づくサンゴ礁の楽園,カルオカ’ヒナ。美しい海を守るため,冒険へ飛び出した魚のジェイクとショーティ。月に隠された魔法の秘密とは?海の中にいるような感覚を体験しよう。

(c) all rights reserved www.reef-distribution.com

番組リーフレットを見る
 

「スカイズ ~いきもの大飛行図鑑~」(約45分)
平成29年12月26日(火)~平成30年4月8日(日)
上映開始時刻:土日祝・冬休み・春休み 12:50
 鳥に昆虫,そしてかつて大空を支配した翼竜。生物たちはどのようにして空を飛べるよう進化を遂げたのでしょうか。大空を自由に舞ういきものたちの驚くべき進化のふしぎをご紹介します。

(c) Colossus Productions, Ltd.

番組リーフレットを見る
 

次回,上映作品の更新日

■ プラネタリウム「(未定)」 平成29年12月26日より
■ 全天周映画「恐竜大行進」 平成29年12月26日より