広報リリース → ホーム

3月6日(火)配信

5/12(土) 雑貨団・プラネタリウム演劇 観覧者募集中

プラネタリウムと演劇のコラボレーション
雑貨団シアトリカル・プラネタリウムmission37「火星人 応答セヨ」
お芝居を通して感じる星や宇宙。プラネタリウムの演出と演劇のコラボレーションをお楽しみください。


 日時:5月12日(土)19:00~20:30(開場は18:30より,自由席)
 場所:倉敷科学センタープラネタリウム
 対象:小学生以上(小学生は保護者同伴)
 定員:200名(先着順)
 観覧料:大人410円 小学生~高校生210円
 残席わずか
<申込方法>
 電話にて倉敷科学センター(086-454-0300)へ。

【あらすじ】
 遠くの星まで出かけられるようになった未来の物語。
 火星を往復する観光用宇宙船「シルバースイマー号」は、火星の宇宙港で謎の人物に
船を乗っ取られる。名簿にも載っていないその人物は、もしかしたら火星人?シルバー
スイマーは無事に地球に帰れるのか?そして彼の正体とは?
 
※演劇スタイルをとる「シアトリカル・プラネタリウム」は,通常のプラネタリウム
 番組上映とは異なりますことをご了承願います。

【スタッフ】
 作・演出 小林善紹
 映像 ma0x/小林善紹
 3DCG 宙飛重工(zakkadan project)
 音楽 Tu-g,/河村有美
 振り付け 小林善紹
 装置、照明、音響 雑貨団
 制作 西池亜希子 / 小林善紹 / 山下りさ / 柴原崇
 プラネタリウム操作 倉敷科学センター

【キャスト】
〈LIVE〉さおり(guest) / リベロ(guest) / 今田志乃(guest) / じゃっかる
〈MOVIE〉オグラミツヒロ

【雑貨団とは】
雑貨団は、98年に結成された、芸術創造チームです。演劇を主体としたプラネタ
リウムの新しい表現「シアトリカル・プラネタリウム」を製作し、全国ツアーを
行っているほか、博物館展示の製作をアーティストの視点から支援したり、プラネ
タリウム番組のプロデュースや、科学と芸術の異文化コミュニケーションの場として、
宇宙科学を主題にした子どもミュージカルのワークショップも指導しています。
シアトリカル・プラネタリウムは前身組織からの活動を合わせ、連続20年の
公演ツアーを迎えます。

【「シアトリカル・プラネタリウム」とは】
「ウチュウ」+「ドラマ」をコンセプトに、独特なノリのコメディでプラネタリウムを
立体的に駆け回るプロジェクト、それがシアトリカル・プラネタリウムです。
 演劇をベースに、映像、音楽、そしてプラネタリウムの星空が一体となって展開する
物語は、年齢を超えて多くの方にご支持をいただいております。
 今作は、今年7月後半に最接近する「火星」がテーマ。ドタバタの物語を楽しみなが
ら、地球のお隣の星、火星をより身近に感じられるトリビアが満載の物語となっています。

 ・雑貨団公式ホームページ http://zakkadan.net (もしくは「雑貨団」で検索)
 ・雑貨団facebookページ https://www.facebook.com/zakkadan
 ・雑貨団twitter https://twitter.com/zakkadan