広報リリース → ホーム

1月21日(土)配信

第3回 日本星景写真協会 星景写真展 「星の風景」

■日本星景写真協会 星景写真展 「星の風景」
日 時  第一部 2月11日(土)~3月11日(土) 9:00~17:15(終了)
     第二部 3月12日(日)~4月23日(日) 9:00~17:15
     ※第1部と第2部で作品を総入れ替え
     ※会期中全紙パネル59点を展示予定
会 場  倉敷科学センター 特別展示室(入場無料)
主 催  倉敷科学センター、日本星景写真協会
出 展  日本星景写真協会



いま夜空には人工光があふれ、暗闇と星空が急速に失われつつあります。
しかし、人が自然の一部であるのならば、「夜」という自然現象の本来の姿も
また、決して忘れてはならないものでしょう。星の輝きは宇宙の神秘を私たちに
語りかけ、月の光は闇を蒼白く照らして、人の感性をいたく刺激します。

 私ども日本星景写真協会は、プロ・アマを問わない星景写真家の全国組織として
活動しています。近年は「星景写真」(星空のある風景写真)も1つの写真ジャンル
として築かれるに至りました。この写真展は、星空と地上風景を写し撮ることに
よって、星空を見上げたときの感動を表現し、写真家がありのままの星空や
自然風景と真摯に対峙して撮影された作品です。この美しい星空への感動を
広く一般の皆さまと共有し、星や宇宙への関心をさらに深めていただくことを
期待して開催するものです。

全紙サイズクリスタルプリントに広がる夜空の世界を心行くまでお楽しみください。

※星景写真(せいけいしゃしん)
 天体写真の中でも星空と地上風景を同一画面に収めた“星空のある風景写真”を
 “星景写真”と呼んでいます。



■写真展ギャラリートーク
日 時  4月23日(日) 10:45~11:45(募集中)、14:15~15:15(定員に達しました)
講 師  船橋弘範(日本星景写真協会)
会 場  倉敷科学センター 特別展示室(写真展会場)
対 象  一般
定 員  30名(先着順)
参加費  無料
 ※申し込みはお電話で 倉敷科学センター 086-454-0300
 ※作品の紹介や天体写真の撮り方を解説。写真愛好家からカメラを
  持っていない方まで歓迎

■出展者リスト
有賀 哲夫*(長野県)  池田 晶子  (東京都)  牛尾 章兵  (兵庫県)
内山 しおり (愛知県)  榎本 正和  (福岡県)   太田 直志*(長野県)
大西 浩次*(長野県)  オギハラシゲノリ   (埼玉県)   奥田 大樹  (埼玉県)
加藤 久豊  (神奈川県)金子 修子  (新潟県)   川内 直也  (東京都)
河本 裕美  (兵庫県)  菊池 秀樹  (神奈川県) 久保田俊雄  (長野県)
笹山 幸一*(富山県)  佐藤 雅子  (東京都)   篠原 治樹  (栃木県)
島村 直幸  (福岡県)  新庄ひろ美  (長野県)   杉  大介  (愛知県)
鈴木祐二郎  (東京都)  銭谷 智明  (岐阜県)   竹下 育男*(愛知県)
竹之内貴裕*(長崎県)  田代 美佳 (広島県)  鳥羽 聖朋  (兵庫県)  
中川 達夫*(富山県)  中川  博   (大阪府)   長浜ユカリ  (宮崎県)  
西澤 政芳  (北海道)  服部 完治*(愛知県)   福迫 一良  (福岡県)  
船田 良邦  (愛知県)  船橋 弘範  (岡山県)   古勝 数彦*(東京都)  
宮川  正   (神奈川県)安田 幸弘*(埼玉県)   山本 勝也  (神奈川県)
渡部  剛   (神奈川県)
                      (アイウエオ順40名/*=正会員)