タイトル

ホーム > 広報リリース

2013/12/20 金曜日 配信

小沼 光良 星景写真展「あの岩の向こうに」のご案内

■小沼 光良 星景写真展「あの岩の向こうに」 日時 平成26年1月11日(土)〜4月27日(日) 9:00〜17:15 会場 倉敷科学センター 特別展示室(入場無料) 彗星、星雲星団、日食など、幅広い天体写真の分野でも活躍する一方、 星景写真の世界にも魅せられているという小沼さん。 特にパノラマ写真がお好きで、岩や山のある風景、おもしろい形の 岩を求めて国内、海外を訪ね渡り、質の高い作品を発表し続けて いらっしゃいます。 今回の写真展では、代表的な約20作品をお楽しみください。 ※星景写真(せいけいしゃしん)  天体写真の中でも星空と地上風景を同一画面に収めた“星空のある  風景写真”を“星景写真”と呼んでいます。 ■小沼光良さんギャラリートーク 星景写真展開催に合わせ、出展者の小沼さんをお招きし、 星景写真の撮り方や出展作品について解説いただきます。 日 時: 1月12日(日) 14:15〜15:15 講 師: 小沼 光良(星景写真家) 対 象: 小学4年生以上 定 員: 約20名(先着順) 参加費: 無料 ※参加申込はお電話にて倉敷科学センター(086-454-0300)まで ■小沼光良さんのWebサイト 「小沼光良の星景写真、天体写真、パズル」: http://www.hal-9000.org/ ■小沼光良さんのプロフィール 山梨県大月市在住。52歳。 銀行員、アマチュア天文家。 1961年 東京都大田区生まれ。子供の頃から写真および天文好き。     カメラは小学生の頃から親のものを使っており、中学から大     学まで写真部に在籍し風景写真などを撮るが、望遠鏡は買え     ず、時々人に見せてもらうに留まる。 1986年 就職した年にハレー彗星が地球接近。翌年、望遠鏡を購入し、     写真活動は天文に集中し始める。天体写真に属する写真は、     まんべんなく撮影。 2001年 しし座流星群の撮影では、福島県の山中にカメラを50台セッ     ト。ただし曇天のため、カメラを置いて移動(翌日回収)。 2002年 しし座流星群がアメリカでの小出現が予想されていたため、     米国ユタ州アーチーズ国立公園に遠征。星と岩の魅力を発見。     同時期に、ロール紙に写真画質で印刷できるインクジェット     プリンターが入手可能となり、パノラマ写真に注力。     広川泰士のTIMESCAPES(東京都写真美術館)を見て「自分の     撮りたいものはこれだ」と見定め、以来、星景写真に集中。 現在、海外や、山梨〜長野県、東北方面を中心に、自作を含むパノ ラマカメラ、大判カメラにて、主に岩を求めて撮影している。建築 物と月の写真も狙っている。 2007年、主に長野方面への行きやすさを考えて山梨県大月市に引っ 越したが、家のメンテナンスなどに手を取られ、むしろ遠征回数は 減ってしまっている。 天文雑誌・写真雑誌のフォトコンテスト入選や、書籍への作品掲載 の実績多数。 日本星景写真協会理事。 千葉天体写真協会会員。

 

倉敷科学センター
 〒712-8046 岡山県倉敷市福田町古新田940
 TEL.086-454-0300 FAX 086-454-0304