【お知らせ】プラネタリウム・全天周映画の臨時休演

3月3日(土),4日(日),10日(土),11日(日)は,11:40~の通常のプラネタリウムの上映を休止し,特別投映を行います。今夜の星空の解説はありません。

3月6日(火)~8日(木)はプラネタリウム番組入替作業のため,16:20~のプラネタリウムは休演いたします。なお,科学展示室・全天周映画は通常どおり営業します。


ホットトピックス

プラネタリウム 約50分
3/4まで星空解説+見上げよう!未来の星空~10万年後にタイムスリップ~
2/25まで星空解説+冥王星はなぜ惑星でなくなったのか

全天周映画 約45分
7/8まで恐竜大行進 勇気をつなぐものがたり
4/8までスカイズ いきもの大飛行図鑑

上映スケジュールをご確認ください(保守・イベント開催で不定期な休演あり)


平松 正顕 天文講演会 参加者募集

メイド・イン・岡山!アルマ望遠鏡が描きだす新しい宇宙の姿
倉敷出身・平松先生による講演会。最先端天文学をリードする南米チリの大規模電波望遠鏡群「アルマ」の活躍を紹介。
日時 3月17日(土) 19:00-20:30  残席わずか
対象 小学生以上(小学生は保護者同伴)

200名(先着順) 無料 事前申込(086-454-0300)が必要


大西浩次 星景写真展

“Mono-Universe”モノ-ユニバース~宇宙の造形~
一人森の中で夜を過ごし感じた星空と夜の光景、私たちの宇宙とも言える造形を単色(モノクロ)の星景写真で表現。
日時 平成30年2月3日(土)~4月22日(日) 9:00-17:15
会場 特別展示室

入場無料 科学館休館日(主として毎週月曜日)は休展


3・11プラネタリウム特別投映

「星空とともに」 2012年仙台市天文台制作
 東日本大震災の夜,大停電の被災地を照らしたのは,見たこともないような満天の星でした。被災者から寄せられた星と震災にまつわるエピソードをもとに構成された作品です。
日時 3月3日(土),4日(日),10日(土),11日(日)各日11:40より

各日午前9時より受付にてチケット配布 定員200名 無料


連続天文講座「くらしき宇宙セミナー」

“星空案内人資格認定制度”に準じ『星空案内人(星のソムリエ)』を目指すことができます。受講やレポート提出など所定の要件を満たすと「星空準案内人(準ソムリエ)」に認定されます。詳細は こちら をご参照ください。
日時 4月20日(金)~6月22日(金)18:30~20:30(全8回)
対象 高校生以上の一般

往復はがきで申込(しめきり3/23) 応募者多数の場合は抽選


レギュラーイベントのご案内

プラネタリウム・全天周映画

プラネタリウム・全天周映画

通日上映、観覧料が必要
21mドームスクリーンを誇る中国地方最大級の科学シアター。上映時間や上映番組は日によって変わるため、ご利用前に必ずご確認願います。

サイエンスショー

サイエンスショー

毎週日曜日 14:00~(約15分)、科学展示室入館料が必要
実験先生プロデュースのおもしろ科学実験の数々をライブで体験。特別イベントの実施状況により、予告なく休止となる場合があります。

4次元デジタル宇宙シアター

4D2U・4次元デジタル宇宙シアター

毎週土・日曜日 13:15~(約15分)、科学展示室入館料が必要
CG立体映像システムを駆使した宇宙解説シアター。特別イベントの実施状況により、予告なく休止となる場合があります。

わくわく実験室・わくわく工作室

わくわく実験室・わくわく工作室

基本として第二・四土曜日 13:00~15:00、参加自由、無料
小さなお子さまを対象とした、かんたんにできる実験、工作体験。開催時間中ならいつでも参加できます。保護者同伴でご参加ください。

天体観望会・天文台公開

天体観望会・天文台公開

不定期、参加自由、無料
「天体観望会」は天文台や大小望遠鏡を使って天体観測を体験。「天文台公開」は一部望遠鏡のみを利用したミニ観望会です。

科学センター天文特集記事