8/10(土)昆虫標本づくり

8月10日(土)13:00〜15:00

夏休み昆虫標本づくり講座を行いました。

9家族で12名の小学生が参加しました。それぞれいろいろな昆虫を捕まえてきました。クワガタ、カブトムシ、セミ、トンボ、バッタなどいろいろいました。

昆虫の標本は、たとえば100年後の人が見たときに、「こんなところにこんな虫が棲んでいたのか!」ということが伝わるように作ることが大事だそうですよ。100年も経ったら確かに昆虫の生息場所も変化していっているかもしれませんね

標本を作るときには針を刺しますが、昆虫によって刺す場所が違います。先生の指導を受けてみんなで真剣に標本づくりに取りかかります。

それぞれ捕まえてきた虫を発泡スチロールの上で形を整えていきます。

「これで完成!」というわけではなくて、この後にきちんと乾燥させることが必要です。

感想までにはだいたい2週間〜3週間かかりますので、夏休み最後の日くらいには出来上がっているはずです。

乾燥させている間に標本箱を作って、夏休みの宿題はほぼ完成となります。

昆虫採集に続き、標本づくり講座を実施しましたがやはり子どもは昆虫が大好きなようですね。身近な昆虫や、自然環境へ関心を持ったまま成長してもらいたいですね。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。