倉敷みらい公園BW        30年2月

みなさん こんにちは。強烈な寒波が日本を襲っています(アレ、これ先月も同じようなこと書いたなァ!)

しかし、立春をすぎたというのに今朝のこの寒さ。地球温暖化って本当ですかと疑いたくなってしまいますね。誰も来ないかもしれないな、と思っていましたがなんと参加者6人になりました。寒い中お出かけくださったみなさん、ありがとうございます。

寒い中来てくれたみなさんには小鳥たちも歓迎してくれているようで、ジョウビタキやツグミがすぐ間近に姿を見せてくれました。

鳴き声は聞こえても滅多に姿が見えないウグイスも近くに見ることができました。小鳥たちの歓迎で足が止まり、なかなか前に進みません。今日はすごいなと思ったら、そういえば今回も初参加の方が1名おられました(このブログでは繰り返される’例の’都市伝説はやはり健在ですね)。

この寒さなので、どの野鳥もマルマルッと膨らんでいます。胸の毛の中に空気を閉じ込めて体温を保っているのでしょうね。キジバトは、その膨らませた胸の中に首を埋めているように見えます。それでも着実に春は近づいているわけで、カワラヒワは早くも求愛の鳴き声を聞かせてくれました。

きょう観察できたのは、ジョウビタキ、ツグミ、カワラヒワ、ハクセキレイ、キジバト、ドバト、メジロ、ウグイス、スズメ、ハシボソカラス、ヒヨドリの11種でした。

次回の倉敷みらい公園BWは、3月5日月曜日(悪天候の場合は7日水曜日)です。多くのみなさんのご参加お待ちしています。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。