次年度の野鳥観察会の場所はどこにしようかな❓

環境学習センターが主催する野鳥観察会は、倉敷市が設定した探鳥コースを使って夏鳥編と冬鳥編の2回同じコースで開催しています。次年度の開催コースを検討するために由加山に行ってきました。ちょうど自然史博物館友の会のみなさんが「ご近所バードウォッチング」を行うというので便乗しました(^^)。

由加山の探鳥コースは内回りと外回りがあり、今回は外回りコースの一部を歩きました。毎年ホタル観察会を行っている「蛍遊の水辺」のあたりになります。

まわりにあまり民家のない静かな山間に、早朝から賑やかなコジュュケイの鳴き声が響いていました。上空ではオオタカがドバトを追ってハンティングする姿があり、それをまたカラスの群れが追いかけるところが観察できました。

お昼過ぎまで約3時間の観察会で23種の野鳥が観察できました。オオタカ以外にハイタカ、ノスリなど猛禽類も見えました。由加山探鳥コースは数年前に内回りコースで野鳥観察会を開催したことがありますが、歩く場所は違うので、次年度はこの由加山コースに決定しようかな。何と言っても多くの野鳥たちに出会えることが大切ですからね。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。