倉敷みらい公園BW      30年1月

今年はじめのBWにいってきました。

強烈な寒波が日本列島を襲っており、鹿児島や宮崎でも雪が積もっているそうです。お隣りの広島県庄原では市街地の積雪が20センチ以上とニュースが伝えていました。もしかしたら雨か雪で延期になるかなと思っていましたが、さすがは晴れの国岡山、午前中はなんとか雨も降らずにいてくれました。

寒い中、この日も新しい参加者がありました。野鳥観察など自然や環境に関心を持ってくれる人が増えていくのは大変嬉しいことです。

みらい公園では落葉樹は葉を落とし野鳥は見つけやすくなりましたが、この日は鳴き声があまり聞こえてきません。曇り空なので写真も発色が悪いですね。斜めになった枝にドバトが10数羽ずらりと並んでいますが見えますかね。

キジバトを目いっぱいにデジタル補正してもこんな感じ。逆光気味の曇り空では写真はキレイに撮れません。地上にいるハクセキレイはちゃんと撮れるのですがね。

この日は気圧の変化などが影響しているのか、ヒヨドリ以外には野鳥の鳴き声も少ないようでした。観察できた野鳥は、ヒヨドリ、ドバト、キジバト、スズメ、カラス(フト・ホソ不明)、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、シジュウカラ、カワラヒワの10種でした。

それでも、ヒヨドリが水路に飛び込んで水浴びする珍しい光景が見られましたし、ツグミやジョウビタキなど冬鳥を観察することもできました。山崎さんから野鳥の見分け方のポイントを聞いたり、地鳴きとさえずりの特徴を聞いたりと、参加者にとっては勉強になる観察会になったと思います。

倉敷みらい公園のバードウォッチングは、今年も毎月開催します。開催日は、月はじめの月曜か水曜の早い方になります。ということは、2月は5日の月曜日(この日が悪天候の場合は7日水曜日)に開催します。

みらい公園BWは、平坦な公園内の歩行路を歩いて観察します。参加の予約は不要で、途中からの参加や中途で帰るのも可能な催しです。貸し出し用の双眼鏡も準備してありますから、バードウォッチング初心者の方にも気軽に参加していただけたらと思います。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。