自然史博物館祭に参加しました

毎年11月3日文化の日に開催されている倉敷市立自然史博物館祭に参加しました。このイベントは今年17回目になるそうです。朝8時45分のオープニングセレモニーの前から、くすのき広場には多くの家族連れなど集まっていました。

博物館入り口近くに設置した環境学習センターのテントでは、緑のカーテンコンテストの市民投票と、自転車発電でテレビゲームを楽しむコーナーを設けました。

今年の緑のカーテンコンテストは49点の応募があり、市民投票によって選ばれた作品は12月10日に開催される『STOP温暖化くらしき2017講演会』で表彰されます。この会場の投票数は134ありました。ご協力いただいたみなさんありがとうございました。

自転車発電は、テレビゲームを1面クリアするには相当頑張って漕ぐ必要があります。力はそんなに必要ないのですが、一定のスピードで漕ぎ続けるのはたいへんです。こうした体験を通じてエネルギーの大切さを感じてくれたら良いのですがね・・・

博物館周辺は1日中多くの方で賑わい、駐車場に入ろうとする車が長い列になっていました。館内、館外にも分散して設けられた展示を回る人並みが途切れず、スズメバチの巣の解体ショーなどには子供達が群がるように取り囲んでいました。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。