倉敷みらい公園BW     29年11月

みなさん こんにちは^^  11月になりました。今年も残り少なくなってきましたね。

今朝は秋らしい青空が広がり、倉敷みらい公園では菊花展が開催されていました。以前は倉敷市役所近くで行われていたように記憶していますが、最近はみらい公園で開催されているのですね。

公園の芝生のうえでは、菊花展の世話をする方々や近くで遊ぶ幼児連れの家族などを気にする様子もなくハクセキレイが走り回っていました。

青空を背にモズやスズメが鳴き声を聞かせてくれます。朝方の気温が下がったので、スズメは丸々と膨らんでいますね。

落葉樹は少しづつ葉を落とし始めているので、これからは野鳥の観察が楽しい季節になってきます。深い葉陰のなかにいたほうが野鳥たちにとっては安心できるのかなとも思いますが、木のテッペンで囀っているのも良くみかけますし、実際どうなのでしょうかね。

この日は、シジュウカラとエナガとメジロが一群れになっているのを観察することができました。ジョウビタキの鳴き声が聞こえていたのですが姿は見ることができませんでした。ジョウビタキは、冬鳥のなかでも比較的はやくからやって来るようですね。

この写真はエナガですが、名前のもとになった特徴的な長い尻尾が確認できますね。

今回観察できたのは、ハクセキレイ、モズ、スズメ、シジュウカラ、エナガ、メジロ、ジョウビタキ、ヒヨドリ、ドバト、キジバト、ハシボソカラス、ハシブトカラス、カワラヒワ、コサギ、トビの15種でした。

次回は12月4日月曜日(悪天候の場合は6日水曜日)に開催します。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。