みらい公園BWバードウォッチング    29年9月

今年の夏は暑い日が続きましたが、9月になって急に朝夕は涼しくなってきました。今朝も半袖では寒いと感じるような気温でした。私以外の参加者のみなさんは、しっかり長袖シャツでしたね。

今回初めて参加された方が1名おられました。初めて参加する方がいる時は比較的珍しい野鳥が見られる、という「都市伝説」を唱えるメンバーもいますが、さてどうなるでしょうか。

夏の間うるさいほど鳴いていたセミの声も聞こえず、なんだか静かな公園です。通路の欄干に留まったスズメさんも、なんとなく物想いに沈む風情でした。この紅葉が色づくのも間もなくでしょうね。

歩き始めてすぐにエナガの群れが、おそらく10羽以上が目の前を横切っていきました。小さく、動きの早いエナガさんは、私の技術ではなかなかカメラの被写体になってくれません。なので、常連のハクセキレイさんとドバトさんに登場してもらうことに・・・

しかし、冒頭の都市伝説は本当だったようで、みら公園では昨年1度だけ観察できたイソヒヨドリがオスメス3羽。約1年ぶりの登場です。

曇り空を背景にしているので体色が不鮮明ですが、上はオスで下がメスです。メスは全体が灰褐色で、オスは腹部は赤褐色で頭部から背中、胸は濃い青色になります。このオスの個体は若鳥らしく青色が薄いようでした。イソヒヨドリはイソ(磯)と付くように、もともとは海岸の磯部を生息地としていた野鳥のようですが、近年は都市部にも棲みつくようになったそうです。これも何か自然環境の変化が起因しているのでしょうか。

今回観察できたのは、イソヒヨドリ、エナガ、シジュウカラ、スズメ、トビ、キジバト、ドバト、ハシブトカラス、ハシボソカラス、ハクセキレイの10種でした。夏が終わり、これからが野鳥観察に適した季節になります。

次回は10月2日月曜日(雨天の場合は4日水曜日)に開催します。誰でも参加できます。野鳥観察初心者の方、大歓迎です。可愛い野鳥に出会えるかもしれませんよ。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。