溜川ウォッチング 29年7月号

みなさん こんにちわ〜〜 夏の溜川は水面に水草(特に菱)が繁茂します。きょうはその水草を除去している様子が見受けられました。この作業の影響もあってか、あまり野鳥は観察できませんでした。

まあ、ほとんど猛暑日の気温ですから野鳥たちも涼しいところでお休み中かもしれません。そんななか、炎天下にじっと立っているこのダイサギ。夏羽に変わる途中らしく、目先は黄緑色に、クチバシは先から黒くなっているのがわかります。サギはじっとしていてくれるので観察しやすいですね。

こちらは水草の間を忙しく潜水を繰り返していたカイツブリ。水面に浮かんでいるよりも潜っている時間が長く感じられるほどでした。まあちょうどお昼時なのでお食事タイムなのかもしれませんね。

陸上部ではスズメの幼鳥が木陰で休んでいました。まだ羽がボサボサな感じですね。この時期はいろんな野鳥の子供達が巣立っていく時期です。成長の様子を観察するのも楽しみですね。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。