みらい公園バードウォッチング報告 29年6月

みなさん こんにちは〜〜  陽射しが強い時期になりましたね。野鳥観察など屋外に出る時は、長袖シャツに帽子など熱射病にご注意くださいね。今月参加いただいた方は、みなさん十分な身支度ができてます。さすがですね。なかには、先日の環境フェスティバルで作ったカケスのブローチをつけて参加してくれた方もおられました。

最近の観察会では参加者が10名を超えるようになってきました。仲間がどんどん増えてうれしいですね。若葉が繁り、観察は難しい季節になってきましたが、楽しい時間は経つのが早く、きょうは90分の予定を大きく超過してしまいました。

地面を歩く鳥の代表格ハクセキレイの写真を2枚並べましたが、違いがわかりますか。上は体色が白黒はっきりしていますが、下は全体的にグレーが薄茶色のようです。下の鳥は幼鳥のようで、自然界では外敵から身を守るために、幼い弱いものは目立たないように保護色になっているのでしょうか。この幼鳥は、親鳥のあとを付き回っていました。

きょう観察できたのは、シジュウカラ、ハクセキレイ、ツバメ、スズメ、ドバト、ハシボソカラス、ハシブトカラス、カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、ミサゴ、ハチクマの12種類でした。解散直前に上空を南から魚をつかんだミサゴが通過しなのを見ていると、さらにはるか上の方を2羽のハチクマが舞っていました。ハチクマは夏鳥の猛禽類で、スズメバチを好んで食べるそうです。遠すぎて写真が取れなかったのが残念でした。

最後にスズメの写真を2枚。どうやら交通標識が取り付けられたポールにあいた穴に巣をつくった様子です。春から初夏は、野鳥の子育ての季節ですね。

来月は、7月3日月曜日(雨天の場合は5日水曜日)に開催します。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。