みらい公園バードウォッチング報告 29年5月 

みなさん こんにちは〜〜  ゴールデンウィークが終わりましたねぇ。楽しかったですか。それともお疲れでしょうか。

今月は連休明けてすぐの開催ですが、最近では最多の11人の参加で倉敷みらい公園での野鳥観察会を行いました。先に報告しておくと、確認できた野鳥の種類は次の10種と少なかったですが、大勢で楽しい観察会になりました。(カワラヒワ、スズメ、ツバメ、ドバト、ヒヨドリ、ハシボソカラス、ハシブトカラス、カルガモ、シジュウカラ、サギ類)

今日の観察会でたくさん見られたのはカワラヒワとドバトでした。

この日は黄砂が各地で確認され、みらい公園の空も10時頃になるとどんよりと曇ってきました。黄砂は偏西風に運ばれて空高くを飛んでくるので、ジェット機が黄砂の中に飛行機雲を残しながら飛んでいく、なんだか不思議な光景が見られました。

ところで、あさって5月10日から16日までの1週間は、愛鳥週間(バードウィーク)です。昭和25年に鳥類保護連絡協議会という団体が定めたものですが、みなさんご存知でしたか。期間中には、毎年「全国野鳥保護のつどい」が環境省などの主催で開催されるそうです。私たちも、野鳥観察するときには遠くから、静かに、野鳥たちの生活を邪魔しないように心がけたいものですね。

来月のみらい公園バードウォッチングは、6月5日月曜日(この日が雨天の場合は7日水曜日)に開催する予定です。みなさんの参加お待ちしています。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。