エコドライブ講習会を開催しました

 みなさん こんにちわ。 先週から本格的な冬日となりました。寒い日には、近くに出かけるときにも、ついつい車に乗ることが多くなりますね。車の排気ガスによるCO2の排出は地球環境にも大きな影響を与えていることから、エコドライブの実践講習会を開催することになりました。 会場は「免許でキラリ☆クラキョウ」倉敷自動車教習所にご協力いただきました。倉敷自動車教習所

テキストと資料

 この講座は、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団のテキストを使って行われます。受講者は、まず①普段の運転で走行して燃費等計測、次に②エコドライブのやりかたについて講義を受け、もう一度、今度は③エコドライブを意識して走行して、①と③の燃費を比較しました。開講式

教習車に乗って

1回目の走行

 教官が横に座る教習車を運転するのはとても緊張します。免許証を取得した時以来はじめてという人も多いでしょうしね。 それでも、車内は受講者同士で互いの運転について会話も弾んでいました。 エコ運転の講座

 講座では、地球温暖化が進んでいること。CO2排出の抑制が必要なこと。日本では自家用車の使用によるCO2排出が、排出量全体の1割近くを占めていることなど説明があり、エコドライブの実践で、お財布にも、地球環境にもやさしい運転をしましょう。エコドライブは安全運転にも役立ちますよとお話がありました。

 2回目の運転では、意識してじんわりアクセル、前方信号を見て早目のアクセルオフ、アイドリングストップなど、エコドライブを意識した運転を心がけました。その結果、下写真の診断書をみると、燃費が約25%改善しています。

 これは、年間1万キロ走行するとしたら186㍑の燃料消費を抑え、ガソリン1㍑120円で計算すると2万円以上の節約になります。また433㎏のCO2を削減することができ、これは杉の木を31本植樹したのと同じ効果になるようです。日本中の車がエコドライブに努めたら大きな成果がでそうですね。走行結果診断書

修了証の授与

 終了式では、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団の認定講習修了証が交付されました。受講者のみなさんには、この講習会を機会にエコドライブの実践をお願いしたいですね。

 今回の講習で使用した教習車に設置されていた燃費等計測器具は、環境学習センターの貸出備品としても用意しています。名称は「燃費マネージャー」です。関心のある方はご連絡ください。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。