野鳥観察会(円通寺公園)を開催しました

 5月17日火曜日、午前8時45分集合。雨は夜半にあがり、早朝から見事な青空が広がりました。集合場所の円通寺公園駐車場そばの池では、アオサギがみんなを出迎えてくれました。

 今日の参加者は13名です。バードウォッチングが初めての方もおられるので、講師をお願いした倉敷市自然史博物館友の会の山﨑さんから、双眼鏡の使い方や観察の注意点など聞いてから出発しました。

 朝イチから登りが続き、早くも息があがります。青空にはツバメが舞っています。

これは、セグロセキレイ。よく見かけるハクセキレイより少し大きいようです。

これはホオジロ。

 ウグイスやキビタキの鳴き声が聞こえる樹間の遊歩道を進み、コゲラが突いた木の穴や、カラスの巣など見ていきました。

これはカワラヒワ。

これはムクドリ。

 途中、予定のコースを一部変更して出発地点まで戻ってくると、朝アオサギがいた池でカイツブリの親子が泳いでいました。

 約2時間半の観察会で確認できたのは、アオサギ、ダイサギ、ハシボソカラス、ハシブトカラス、スズメ、ツバメ、ヒヨドリ、ウグイス、カワラヒワ、ホオジロ、ムクドリ、コゲラ、キビタキ、ヤマガラ、エゾムシクイ、シジュウカラ、ミサゴ、カイツブリの18種類(鳴き声だけしか聞けなかったものを含む)でした。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。