探鳥コース下見 真備琴弾岩コース

真備町にある真備琴弾岩コースの下見に行ってきました。

小田川沿いのコースで川の南側から観察するのがオススメのコースです。

琴弾岩の写真を撮るのを忘れてしまいましたが、吉備真備公がその岩の上で琴を弾かれたと伝えられており、今でも弾琴祭が催されています。

そんな吉備真備公のご遺徳を偲びながら(?)双眼鏡と望遠鏡を片手に野鳥観察の始まりです。

まずはメジロ。せわしなくちょろちょろと動いていましたが、かなり近くに来ましたのでじっくり観察することができました。非常に可愛らしい鳥な上に警戒心が少なめなので人気ですね。

対岸の山を見ていると猛禽類の飛翔を見ることができます。今日はノスリのペアが繁殖行動と思えるような行動をしていました。そろそろ春が近づいていますね。

こちらはホオジロ。薮の中が好きなようであまりくっきりと姿を見せることはありませんが今日は5〜6羽の群れで行動していました。

こちらのスズメは珍しく単独行動をしておりました。

こちらはモズ。オスの求愛行動も双眼鏡では観察することができました。餌を咥えてメスに献上し、何やらさえずりをしておりましたが、メスはオスの気持ちに応えてくれたんでしょうか。

こちらはイカルチドリ。イカルの名が付いているように顔がちょっとイカツイですね。イカルの語源は、「大きい、厳めしい」ということだそうです。

こちらはツグミ。日本全国で観られますので珍しくはないですが、冬鳥ですのでもうそろそろ日本を後にしてしまいます。

こちらはシロハラ。お腹の白いのが見えますね。こちらも冬鳥ですので観察できるのももう少しの間だけです。

こちらはハシボソガラス。カラスはどこにでもいますが、嘴の太い細いで種類が違いますので見かけたときには嘴に注目してみてください。

自然豊かで穏やかなところですが、コースの南北はどちらも山があって陽が当たらないところは非常に寒いので、この時期に観察する場合は防寒対策はこれでもか、というくらいにしておいてください。

倉敷市にもまきび公園がありますが、そのお隣矢掛町にも吉備真備公園があります。昼食を食べる場所もありますので、野鳥観察で歩き疲れたら立ち寄ってみてください。

 

環境学習センターでは、探鳥コースを会場に年に2回程度夏と冬に野鳥観察会を行っています。平成28年度は、5月頃と2月頃に開催する予定ですので、環境学習センターのHPや広報くらしきでご確認ください。

 

<野鳥観察会のお知らせ>

溜川公園では毎週金曜日に野鳥観察会を実施しています。そのうち第3金曜日は、環境学習センターから貸出用の双眼鏡を持っていきますので、双眼鏡を持っていない方は第3金曜日にご参加下さい。

溜川ウォッチングのお知らせ

また、毎月1日から10日の間に1日だけ実施している「倉敷みらい公園バードウォッチング」もあります。こちらも双眼鏡の貸出をしています。

倉敷みらい公園バードウォッチングのお知らせ

 

カテゴリー: イベント情報   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。