倉敷みらい公園バードウォッチングを開催しました。

倉敷みらい公園バードウォッチングを開催しました。

今日は秋晴れの良い天気の中、冬鳥たちとの出会いを楽しみに観察を行いました。

 

みらい公園をいつも散歩しているという方と少しお話をさせてもらいましたが、ジョウビタキはすでに訪れているようです。また、つい最近カワセミをみらい公園で見たよということも併せてお聞きしました。

これは観察にも熱が入ると思った矢先にみらい公園を流れている川の上を一羽のカワセミがヒューッと通り過ぎて行きました。

みらい公園の川では魚が取りにくそうですが、そのうちに魚を捕まえる様子なども観察できたりするといいですね。

残念ながら一瞬のことでしたので写真はありません。

 

公園内を歩いてみると、そこかしこで賑やかなヒヨドリさんたちの声が聞こえてきます。

今日は見やすいところにモズもとまっていました。

黒い過眼線と翼に白い斑紋がありますのでオスですね。キョロキョロと辺りを見回した後獲物を見つけたのかスッと飛んで行きました。

芝生の上ではいつものようにハクセキレイがぴょんぴょんと歩いています。

途中の木ではスズメが何やら狭いウロのようなところにもぞもぞと入っていくのも観察できました。

巣作りの時期には狭いところに入っていく鳥ですが、何かよほどいいものがあるのでしょうか。狭いところを上手に出たり入ったりしていました。

と、ここまで冬鳥と出会えていませんが、ジョウビタキの声がどこかから聞こえてきます。

茂みの奥にジョウビタキのオスが隠れていました。割と開けたところでさえずる鳥ですが、まだ今はそんな気分じゃないのでしょうか。

 

本日観察できた鳥は、ドバト、キジバト、ハクセキレイ、コゲラ、シジュウカラ、カワラヒワ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ジョウビタキ(オス)、ハシブトカラス、モズ、カワセミの13種でした。

倉敷みらい公園バードウォッチング」は、毎月1日から10日の間に1日間だけ実施しています。双眼鏡の貸し出しもありますので、お気軽にご参加下さい。

これからの時期は葉が落ちて鳥たちの観察もしやすくなりますので、少し肌寒くはなりますが、バードウォッチングには良い季節ですよ。

野鳥観察を始めようと思っている方はこちらの案内をご覧ください。

カテゴリー: イベント情報   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。