蒜山リバートレッキングを開催しました。

8月1日(土)に蒜山の津黒山乗渓谷でリバートレッキングを開催しました。

参加者の皆さんは9時に倉敷市役所の駐車場に集合し、バスで蒜山の津黒高原荘に向けて出発しました。途中、バスの中で地球温暖化や自然保護についてのDVDをみんなで見て、環境問題について考えました。

津黒高原荘につくと、川登りができる服装に着替え、2班に分かれてそれぞれ川登りと不動滝の見学に行きました。

川登りは、文字通り、川や滝を登っていきます。足が濡れるのは当たり前、川登りをはじめて10分もたたないうちにズボンまでびしょ濡れになりました。

最初は心配そうな子たちもいましたが、冷たい川の水の気持ちよさと自然の風景の美しさでみんな楽しそうな表情になってきました。

途中、水深が深いところや、傾斜が急なところなどもありますが、ガイドさんが丁寧に教えてくれるので、ガイドさんの言うことをよく聞いて慎重に進んでいけば大丈夫です。

1時間近く歩いて、少し休憩。大自然の中でお昼ご飯を食べました。いつも食べてるお弁当でも運動のあとで、自然に囲まれて食べるととってもおいしく感じます。

ご飯を食べて少し休憩をしたらまた出発!みんなだんだん川登りに慣れてきたようで進むスピードも上がってきたようです。少し歩いたら大きな滝が登場。

何をするのかと思っていると、みんな滝の下まで歩いて行って、滝に打たれていました。合羽を着ていた人もいましたが、滝に打たれたらもう関係ありません。みんな全身びしょ濡れになってしまいました。

そのあとも何個か滝があり、そのたびみんなでびしょ濡れになりました。いつもならちょっとでも濡れると嫌な気分になりますが、みんなとても楽しそうです。もしかしたら自然と一体になれたのかもしれませんね。

最後の滝を登って川登りは終了!全身びしょびしょでとても疲れているはずですが、川を登りきった達成感もあってみんなとてもいきいきとしているようでした。

川登りのあとは少し車で移動して滝見学です。不動滝という大きな滝がありその滝つぼで遊びました。ここでも滝に打たれてみんな楽しそうでした。

帰りのバスの中ではみんな疲れてぐったりでしたが、いつもはできない経験ができて満足してもらえたのではないかと思います。

このような体験を通して自然と深くふれあうことで、自然が身近でとても大切なものとして考えられるようになればと思っています。

カテゴリー: イベント情報   パーマリンク

コメントは受け付けていません。