倉敷みらい公園バードウォッチングを開催しました

今日は快晴の中、倉敷みらい公園で野鳥を観察しました。

葉っぱが5月よりも茂っているようで、鳥の姿を観察するのに一苦労でした。

キリキリリ、コロコロロといい声で鳴いていたカワラヒワは比較的じっとしていましたので、じっくりと観察することができました。

先月は子育て中のカワラヒワを観察することができましたが、もう今月には子育て中といった雰囲気はなく、別の個体かもしれませんが、もしかしたらもう大きくなったのかも?

 

小学校の運動会の代休の日だったようで、子ども会の行事のついでにと参加してくれた方がいました。望遠鏡を覗いてみて「すげー」「めっちゃきれいに見える!」と楽しそうな感想を聞かせてくれました。

本日観察できた鳥は、ハシブトカラス、ハシボソカラス、スズメ、カワラヒワ、シジュウカラ、ツバメ、ヒヨドリ、ハクセキレイ、カルガモでした。

最近ムクドリを見かけないのでどうしたかなと塒にしている木のそばまで行ってみると、地面にはたくさんの糞が落ちていたので塒にはしているようですが、昼間にはみんな別の場所へ行っているようですね。

みらい公園には倉敷野鳥の会が巣箱を架けていますが、その中の一つにシジュウカラが営巣していました。巣の中には雛がいるようで、餌を咥えた親鳥が巣箱に入るとすぐに何かを咥えて出て行きました。

雛の糞だそうで、営巣場所付近に糞をすると蛇などの他の動物に狙われるので少し離れたところへ運んで捨てるそうです。10分に1回くらいは出入りするようですので、少し立ち止まってみると面白いかもしれません。

野鳥は注目されていることに非常に敏感ですので、できるだけ離れたところで観察するようにして特に子育て中は餌を運ばなければなりませんので、あまり長時間観察し続けないように気をつけてください。

次回の倉敷みらい公園バードウォッチングは、7月1日(水)に開催予定です。

<関連リンク>

倉敷みらい公園バードウォッチング

カテゴリー: イベント情報   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。