野鳥観察会(由加山・夏の鳥)を開催しました。

好天に恵まれて、由加山内回りコースで野鳥観察会を開催しました。

今日は小学校によっては運動会の振替だったそうで、3人の小学生と大人8人の参加がありました。

午前中から気温がぐっとあがり少し暑い感じでしたが、やはり緑の中は日陰もあって涼しく歩くことができました。

肝心の野鳥ですが、声はすれども姿は見えず、といった状況で、夏の鳥の代表格とも言えるキビタキの声はあちこちで確認できましたが、姿は誰も見ることができませんでした。残念。

じっくり姿を見ることができたのはこちらのホオジロ。

木のてっぺんで大きな声でさえずりを聞かせてくれました。縄張りを主張していたのでしょうか。

それからキセキレイ。

腹回りの黄色が特徴的なセキレイの仲間です。

本日確認できた鳥は、キビタキ、ウグイス、ホトトギス、アオゲラ、コゲラ、ホオジロ、ツバメ、スズメ、ヒヨドリ、トビ、ヤマガラ、シジュウカラ、ハシブトカラス、キセキレイ、メジロ、エナガ、ミサゴ、キジバトの18種でした。

 

一般的に神社周りには鎮守の森と言われている開発されていない森があり、野鳥や多くの生きものの棲家となっています。児島にも神社と寺があり、市内でも野鳥観察に適した場所でもあります。

市内にはまだまだ豊かな自然が残っていますので、自然豊かな探鳥コースの紹介も兼ねて今後も観察会を実施していきます。

次回は11月25日に同じコースで観察会を行う予定です。今度は木々の葉も落ちて、もっと観察しやすくなっていると思います。

野鳥観察は一年を通していつでもできますが、やはり適した季節は葉が茂っていない秋から冬にかけての時期が観察には最適ですね。

 

 

<関連リンク>

倉敷みらい公園バードウォッチング

こちらは超初心者向けの講座で、観察会自体の時間も短いのでお気軽にご参加ください。

カテゴリー: イベント情報   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。