くらいふブログについて(環境学習センターより)

こんにちは,環境学習センターです。
「くらいふブログ」をご覧の皆さま,いつもありがとうございます。

これまで,この「くらいふブログ」で私たちの活動をお知らせしてきましたが,今後は「環境学習センターfacebook」や環境学習センターHPで,広報をしてまいります。

今後とも,引き続きよろしくお願いいたします。

カテゴリー: イベント情報 | くらいふブログについて(環境学習センターより) はコメントを受け付けていません。

今日のみらい公園BW中止です

おはようございます。思ったより早くから雨が降っています。しかも結構な降り方で・・・

今日予定していた倉敷みらい公園バードウォッチングは中止とし、順延してあさって3月7日水曜日に開催します。今度は晴れたらいいですね。

カテゴリー: イベント情報 | 今日のみらい公園BW中止です はコメントを受け付けていません。

野鳥観察会(冬鳥編)を開催しました

倉敷市が設定した探鳥コースが11箇所ありますが、みなさんご存知ですか。毎年、その中から1箇所を選んで夏と冬の2回、同じコースで見ることのできる野鳥がどのように違うか調べる観察会を開催しました。

平成29年度は種松山探鳥コースの南側半分くらいを選んで行いました。前日までと比べたいへん寒い日となりましたが、みなさん午前9時前に集合いただきました。指導していただく山崎さんからお話を聞いていると、駐車場そばでホオジロの鳴き声が。双眼鏡の使い方の説明にちょうど良い被写体になってくれました。

観察に出発してすぐの真弓池でみなさんが覗いているのは、対岸にいるマガモとホシハジロです。対象の野鳥が山崎さんの望遠鏡に入って「はい、どうぞ」と言われたら、遠慮せず、近くの人から順に見させてもらいましょう。急がないと、動きの早い野鳥はすぐにスコープから外れてしまいますよ。

ひとしきり水鳥を見て、遠くに小さくカワセミの姿も見てから、いよいよ山道に入っていきます。大勢で賑やかに歩くと野鳥は驚いて逃げてしまうので、静かにそぉっといきましょう。

桜の花芽をついばむのは冬鳥の「ウソ」です。喉の下あたりから腹部が赤いオレンジ色のように見える綺麗な鳥が4羽いました。山崎さんによると、倉敷あたりではめずらしい鳥で、なかなかお目にかからないそうです。実は昨年コースの下見で歩いた時にも遭遇していて、その時撮った写真が下のもの。まったく同じ鳥のようにもみえますね。

この日のコースでは折り返し地点あたりで、遠くの山頂付近にイカルを見ることもできました。双眼鏡では豆粒のようにしか見えません。環境学習センターのコンデジ写真では、持ち帰ってパソコンで目一杯拡大してもこの程度です。さすが野鳥観察暦の長い山崎さんです。よく見つけられますね。

この日観察できたのは、カワセミ、マガモ、ホシハジロ、オオバン、カイツブリ、ホオジロ、ウソ、イカル、アオジ、コジュケイ、トビ、キジ、コゲラ、ウグイス、メジロ、カワラヒワ、スズメ、ツグミ、シロハラ、ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ、キジバト、ハシブトカラスの24種類でした。

環境学習センターの野鳥観察会は、平成30年度は由加山探鳥コースの外回り(蛍遊の水辺付近)で開催予定です。市の公報紙などでおしらせしますので、多くのみなさんのご参加お待ちしています。

カテゴリー: イベント情報 | 野鳥観察会(冬鳥編)を開催しました はコメントを受け付けていません。

溜川ウォッチング    30年2月号

立春を過ぎ、寒さの峠をこえたように暖かな日差しが溜川の水面を照らしています。この日は水量がやや多く見受けられました。溜川は、船穂の水源から河口となる玉島港まで大半が平地を流れる高低差が少ない河川のため、河口部には水門が設けられていて、この日も岡山県が設置した排水機場から水が吐き出されていました。

波の穏やかな水面では、ハシビロガモのつがいが観察所の近くを横切って行きました。幅広い嘴がどことなくユーモラスですね。♂に比べ♀は地味な体色ですが、下の写真では風切羽の先の緑色が鮮やかに見えています。

オオバンも近くまでやってきました。クイの上にあがった個体の足を拡大した下の写真では、指の一本一本がひれ状に広がった「弁足」の様子がよくわかりますね。この日は、オオバンが116羽数えられて、ダントツの多さでした。

遠くの方に浮かんでいたオナガガモのつがいとコガモ。オナガガモは首を縮めていて、前から見たのでは何カモがよくわかりませんでした。横向きになると長い尾が見えて、やっとわかりました。

いつもすぐに潜ってしまうカンムリカイツブリも、結構長く浮かんでいてくれました。

日向では水温も8度まで上がっており、冬鳥達も帰っていくのが近づいているのでしょうね。観察できるのも、もうわずかの期間でしょうか。溜川ウォッチングは、毎週金曜日に行っています(双眼鏡の貸し出しは第三金曜日のみ)。関心のある方は、どうぞご参加ください。

カテゴリー: イベント情報 | 溜川ウォッチング    30年2月号 はコメントを受け付けていません。

倉敷みらい公園BW        30年2月

みなさん こんにちは。強烈な寒波が日本を襲っています(アレ、これ先月も同じようなこと書いたなァ!)

しかし、立春をすぎたというのに今朝のこの寒さ。地球温暖化って本当ですかと疑いたくなってしまいますね。誰も来ないかもしれないな、と思っていましたがなんと参加者6人になりました。寒い中お出かけくださったみなさん、ありがとうございます。

寒い中来てくれたみなさんには小鳥たちも歓迎してくれているようで、ジョウビタキやツグミがすぐ間近に姿を見せてくれました。

鳴き声は聞こえても滅多に姿が見えないウグイスも近くに見ることができました。小鳥たちの歓迎で足が止まり、なかなか前に進みません。今日はすごいなと思ったら、そういえば今回も初参加の方が1名おられました(このブログでは繰り返される’例の’都市伝説はやはり健在ですね)。

この寒さなので、どの野鳥もマルマルッと膨らんでいます。胸の毛の中に空気を閉じ込めて体温を保っているのでしょうね。キジバトは、その膨らませた胸の中に首を埋めているように見えます。それでも着実に春は近づいているわけで、カワラヒワは早くも求愛の鳴き声を聞かせてくれました。

きょう観察できたのは、ジョウビタキ、ツグミ、カワラヒワ、ハクセキレイ、キジバト、ドバト、メジロ、ウグイス、スズメ、ハシボソカラス、ヒヨドリの11種でした。

次回の倉敷みらい公園BWは、3月5日月曜日(悪天候の場合は7日水曜日)です。多くのみなさんのご参加お待ちしています。

カテゴリー: イベント情報 | 倉敷みらい公園BW        30年2月 はコメントを受け付けていません。

今夜はスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンだって?

皆既月食、みなさんご覧になりましたか。月が地球に近づいて大きく見えるのがスーパームーン。満月が1ヶ月のうちに2回あるのがブルームーン。皆既月食で赤く見える月がブラッドムーンです。1月31日にはそれが一度に見られるということで、天文ファンならずとも夜空を見上げた人が多かったのではないでしょうか。

倉敷あたりでは夕方から薄雲がかかり、観測できるかどうか微妙な空模様でした。夜8時頃はスーパームーンの大きな月が見えていましたが、次第に雲が厚くなってきました。左下から地球の影が広がってくる頃までは、雲の切れ目から何度か様子が見えていたのですが皆既月食になる頃には雲に覆われてしまいました。

双眼鏡で見ていると、なんとか暗い月影が観測できましたが、写真は取れませんでした。レンズの差でしょうね。もっと良いカメラが欲しいなと考えてしまいました。

 

カテゴリー: イベント情報 | 今夜はスーパー・ブルー・ブラッド・ムーンだって? はコメントを受け付けていません。

エコドライブ講習会を開催しました

最近ガソリンの値上がり続きで、車の燃料代が気になっている方も多いのではないでしょうか。そこで、車の燃費を改善させる「エコドライブ」について学ぶ講習会を、倉敷自動車教習所で開催しました。

燃費を改善させると、燃料代を低く抑えられるだけでなく、燃料の使用に伴って発生する地球温暖化の原因物質・二酸化炭素の排出も減らすことができます。また、エコドライブは穏やかな加速、減速など安全運転にもつながる運転方法なので、「一石三鳥」いろいろなメリットがあります。
開会のあいさつの後、班決めをして、早速教習車に乗り込みます。

これが燃費を測定してくれる燃費マネージャー。少しアクセルを踏みすぎると、すぐに燃費が悪化するのがよくわかります。

運転は2回行うのですが、1回目はエコドライブを気にせず普段通りの運転で燃費を計測します。普段通りとは言っても、慣れない車に慣れない道で人を乗せて運転するので、どうしても慎重な運転になります。緊張しながら参加者それぞれが同じコースを走りました。

1回目の運転が終わると、教習所に戻ってエコドライブの方法を学ぶ講習を受けました。大まかには次の通りです。
・ふんわりアクセル(最初の5秒間で20km/h)
・巡航中はアクセルのみで速度制御を心がける
・適度な車間距離を取る
・減速時は早めにアクセルを離す
・無駄なアイドリングをやめる(5秒以上停止する場合はエンジンOFF)
・適切な点検整備
・不要な荷物は車から降ろす

話だけ聞いていたらできそうな気がしてきましたが、講習の後は、実際にエコドライブの実践です。1回目と同じコースをエコドライブを意識しながら運転します。
ふんわりアクセルは後ろの車が気になってなかなかできないと思っていましたが、思ったよりは自然な加速で、あまり周りを気にせずに実践できました。通勤ラッシュの時とかは難しいかもしれませんが。。。
それ以外は周りの目はあまり気にならないものなので、いつでも実践できそうだと感じました。ただ、エコドライブについてあれこれ考えすぎると安全確認を忘れたりするので気をつけてください。

運転が終わると再び教習所に戻ってエコドライブの結果発表です。一般的にエコドライブを実践すると普段より20%程度燃費が改善するそうですが、2回目の方がコースを覚えていることと、教習車への慣れも出てきて、中には1回目より燃費が悪くなる人もいるそうです。
私の結果は6.9%の改善。微妙ですね。
1回目の運転がおとなしすぎた気もするので、普段の運転から比べれば大きく改善しているんだと思います。人によっては17%とか20%を超える改善が見られた人もいたので、エコドライブおそるべしです。興味を持った方はぜひ実践してみてください。
この講習を受けた人には交通エコロジー・モビリティー財団発行の認定証が授与されます。

ちなみに、講習の空き時間に昨年環境学習センターに導入した燃料電池自動車の試乗体験をしました。静かなのに、力強い加速をする燃料電池自動車に、みなさん興味を持たれていたようでした。来年も同様の講座をする予定なので興味を持たれた方はぜひ参加してみてください。

カテゴリー: イベント情報 | エコドライブ講習会を開催しました はコメントを受け付けていません。

次年度の野鳥観察会の場所はどこにしようかな❓

環境学習センターが主催する野鳥観察会は、倉敷市が設定した探鳥コースを使って夏鳥編と冬鳥編の2回同じコースで開催しています。次年度の開催コースを検討するために由加山に行ってきました。ちょうど自然史博物館友の会のみなさんが「ご近所バードウォッチング」を行うというので便乗しました(^^)。

由加山の探鳥コースは内回りと外回りがあり、今回は外回りコースの一部を歩きました。毎年ホタル観察会を行っている「蛍遊の水辺」のあたりになります。

まわりにあまり民家のない静かな山間に、早朝から賑やかなコジュュケイの鳴き声が響いていました。上空ではオオタカがドバトを追ってハンティングする姿があり、それをまたカラスの群れが追いかけるところが観察できました。

お昼過ぎまで約3時間の観察会で23種の野鳥が観察できました。オオタカ以外にハイタカ、ノスリなど猛禽類も見えました。由加山探鳥コースは数年前に内回りコースで野鳥観察会を開催したことがありますが、歩く場所は違うので、次年度はこの由加山コースに決定しようかな。何と言っても多くの野鳥たちに出会えることが大切ですからね。

カテゴリー: イベント情報 | 次年度の野鳥観察会の場所はどこにしようかな❓ はコメントを受け付けていません。

溜川ウォッチング    30年1月号

みなさん こんにちは^^   明日は「大寒」です。年間でもっとも寒さ厳しい時期のはずですが、ここ数日は暖かいですね。溜川公園の野鳥観察所の中にも陽射しが差し込んで、絶好の観察日和になりました。

風がなく水面も穏やかで、観察所のすぐそばまでヒドリガモやオオバンが近寄ってきました。ヒドリガモの赤レンガ色にクリーム色のモヒカン頭や、オオバンの白い額板がしっかり観察できます。  

いつもは潜ってばかりいるカンムリカイツブリも、この日はまんなかあたりでゆったりと浮かんでいました。日向ぼっこしているのでしょうか。正午過ぎには対岸の方でエサを撒く人がいて、その周りを飛び回っていたユリカモメも腹が満ちたらのんびりと水面を漂っています。なんとも気持ち良さそうですね。

観察所そばの飲食店の手すりにヒヨドリがきました。この個体は胸の白班がお腹の方までずっと続いていますね。

この日観察できたのは、バン、オオバン、ヒドリガモ、オカヨシガモ、コガモ、カルガモ、カイツブリ、カンムリカイツブリ、ユリカモメ、ヒヨドリ、ムクドリ、モズ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ミサゴ、トビでした。

カテゴリー: イベント情報 | 溜川ウォッチング    30年1月号 はコメントを受け付けていません。

倉敷みらい公園BW      30年1月

今年はじめのBWにいってきました。

強烈な寒波が日本列島を襲っており、鹿児島や宮崎でも雪が積もっているそうです。お隣りの広島県庄原では市街地の積雪が20センチ以上とニュースが伝えていました。もしかしたら雨か雪で延期になるかなと思っていましたが、さすがは晴れの国岡山、午前中はなんとか雨も降らずにいてくれました。

寒い中、この日も新しい参加者がありました。野鳥観察など自然や環境に関心を持ってくれる人が増えていくのは大変嬉しいことです。

みらい公園では落葉樹は葉を落とし野鳥は見つけやすくなりましたが、この日は鳴き声があまり聞こえてきません。曇り空なので写真も発色が悪いですね。斜めになった枝にドバトが10数羽ずらりと並んでいますが見えますかね。

キジバトを目いっぱいにデジタル補正してもこんな感じ。逆光気味の曇り空では写真はキレイに撮れません。地上にいるハクセキレイはちゃんと撮れるのですがね。

この日は気圧の変化などが影響しているのか、ヒヨドリ以外には野鳥の鳴き声も少ないようでした。観察できた野鳥は、ヒヨドリ、ドバト、キジバト、スズメ、カラス(フト・ホソ不明)、ツグミ、ジョウビタキ、ハクセキレイ、シジュウカラ、カワラヒワの10種でした。

それでも、ヒヨドリが水路に飛び込んで水浴びする珍しい光景が見られましたし、ツグミやジョウビタキなど冬鳥を観察することもできました。山崎さんから野鳥の見分け方のポイントを聞いたり、地鳴きとさえずりの特徴を聞いたりと、参加者にとっては勉強になる観察会になったと思います。

倉敷みらい公園のバードウォッチングは、今年も毎月開催します。開催日は、月はじめの月曜か水曜の早い方になります。ということは、2月は5日の月曜日(この日が悪天候の場合は7日水曜日)に開催します。

みらい公園BWは、平坦な公園内の歩行路を歩いて観察します。参加の予約は不要で、途中からの参加や中途で帰るのも可能な催しです。貸し出し用の双眼鏡も準備してありますから、バードウォッチング初心者の方にも気軽に参加していただけたらと思います。

カテゴリー: イベント情報 | 倉敷みらい公園BW      30年1月 はコメントを受け付けていません。