日本女性会議2015倉敷

倉敷大会テーマ

大会テーマ

ごあいさつ

  • ニューズレター

倉敷大会テーマ 「思いやり 男女(ひと)が集う 白壁のまち」~ライフステージとそれぞれの男女共同参画~

倉敷大会テーマ 「思いやり  男女(ひと)が集う  白壁のまち」~ライフステージとそれぞれの男女共同参画~
〈2015倉敷シンボルマーク〉蔵、女性・男性の笑顔をモチーフに、いつも明るい表情で語り合い、支え合うさまを表現しています。蔵の屋根には「Woman」の「W」を象徴し、三本のラインは街に活力を注ぐ川、皆をつなぐ絆を意味しています。

蔵、女性・男性の笑顔をモチーフに、いつも明るい表情で語り合い、支え合うさまを表現しています。蔵の屋根には「Woman」の「W」を象徴し、三本のラインは街に活力を注ぐ川、皆をつなぐ絆を意味しています。

実行委員会 委員長 ごあいさつ

00

日本女性会議2015倉敷大会を開催できますことは、光栄なことであり、同時に身の引き締まる思いでございます。 大会テーマの「思いやり 男女(ひと)が集う 白壁のまち」のもと、男性も女性も一人の人間として尊重され、その能力や個性が十分発揮できる社会を目指して倉敷のまちから今、力強い動きが生まれています。 実行委員会にはこういう思いを胸に長年、地域で活動をしてきた様々な立場の人が集まっており、倉敷大会の担い手として心を一つにして取組を始めました。「ライフステージとそれぞれの男女共同参画」を倉敷市から積極的に発信させていきます。 2015年秋、倉敷川に映える白壁のまちで、多くの皆様とお会いできますことを心より楽しみにしています。

実行委員長 上岡美保子

00
トップへ